2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦は違っているのだから


【夫婦の交わりを育てるために】

人格的交わり、夫婦の交わりでとくに重要なのは、
相手を尊び、相手に最大の関心を払うことである。
現実の夫婦関係では、尊敬が欠けがちだ。

愛し合ってる夫婦もあるが、無関心だったり、
相手を軽蔑したり、恐れをもっていたりする夫婦も多い。
尊敬し合ってる夫婦は少ない。結婚関係においては、
それぞれが相手を大切にし、夫婦最優先の姿勢を
整えることが何よりも大切だ。

その基本となるのは、相手に注目すること。
相手に最大の関心を払うことだ。
結婚してしまうとほとんど無意識に相手を無視するようになるので、
意識して相手を最優先を心がける必要がある。

(中略)

相手を尊敬するということの具体的な現われは、
相手の話をよく聴くことである。
大事な人の話には耳を傾けるのが自然だ。
しかし、現実には、相手の話を聞けない。
とくに夫が妻の話を聞くのは大変な難事業だ。
それは、夫が、聞きやすい話し方をすることに
妻が心を用いないこことと対をなしている。



************


昨晩の喧嘩・意見交換は
まったくこのセオリーを無視したものであったと反省。

わかっているけれどできないことはあっていいと思っている。
でも、開きなおりにならないように。次はよりよくとの思いを捨てずに。


夫婦は、何かのために
・・・子供のために、家庭のために、将来のために、夢のために
お金のために、幸せのために、安らぎのために、癒しのために・・・
なすことを2人して協力していく
共同体であり、またその同志であるけれど

その同志になるためには
お互いがお互いを一番大切だと
伝えつづけることが大前提だろう。

愛情ごっこの部分を他人はよしとしなくとも
それが夫婦のゆるされた形なら、感謝して抱こう。
だが、その愛情のストックは底が見えやすい。

甘えた、寂しがりやの、わがままの
だらしない私だから助けがいる。

鈍感で、がむしゃらで、無作法な夫だから
助けがいる。


こんな情けない2人を何度も何度も
優しく丁寧にとりなしてくれるのは何ものだろうか?



****************

尊敬は人を育て、軽蔑は傷つけ殺す。
尊敬は決意である。
尊敬できるところがあるから尊敬するのではなく、
主が備えてくださったからその方を尊敬しようと決意するのである。
調和のある夫婦関係というのは見せかけの調和に過ぎない。

夫婦は違っているのだから、ぶつかり理解し合って、
バランスのとれた新しいハーモニーを生み出すことが必要である。
そのためには、自分の心の内を勇気をもって
きちんと表現することが大切になる。



太字部分~抜粋
『ディリ-・クリスチャン・ライフ 唄野隆・唄野絢子共著 』
 いのちのことば社 より
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/99-eb777075

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。