2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けっこうです

娘がご飯を食べない。

以前にも、ほんの気持ちのダイエットごっこをしていたから
まぁそんなときもあるかと見逃していたのだが
それが、ご飯を残して、おかずを残して、お弁当を残して
朝食を抜く日が続けば、私も心配になる。

優しく諭したり、勧めたり、気遣ったりする。

ところが、ご飯を食べたくないその理由は
お菓子や清涼飲料水の取りすぎだった。
授業の合間。
家に帰ってくる直前。
学校の帰り。
塾の後。
思いつくままに、間食のし放題だ。

血糖値あがりっぱなしだろ!!
そんな子に育てた覚えはなーーーいと頭に血が昇る。
食事と睡眠は、肉体の生きる基本だと
あれほど、教えてきたのに。
あんた、一人独立して生きるだろう時期も近いのに
何考えてるの!
ご飯に対する態度が失礼だ!これだけは譲れないんだよ!
と私は怒る。叱る。おこる。



**


そんなところへ夫帰宅。

相当に疲れていたらしい。
私の娘に説教たれまくりにも、一切口をはさまない。
どうしたのと聞きもしない。

娘の態度は、非常に悪い。
私の怒りもヒートアップして、怒鳴りまくりになっているのに
それでも、夫は、我関せずだ。

怒鳴っている妻。
涙目になっている娘。
黙々とご飯を食べ、新聞を読む夫。


**



娘がぽつんと謝ったあたりで、
その私の怒りの矛先は、夫に方向転換した。


『あなたね、○(娘)ちゃんのこと興味ないの?』

『今はいいよ。』

『今はいいって何?』

『今日は、すごく疲れてるし。頭も痛いしさ。』

『私がどうして、怒ってるかも気にならないんだ。』

『気にならないっていうか、君が○ちゃんに怒ってるなら
 それでいいだろう。僕まで、一緒に叱らなくても。』

『疲れてるかもしれないけど、すごく大切なことだから
 私こんなに怒ってるんじゃんか。
 何よ。知らんふりして。私と○ちゃんがこんなにもめてるのに
 関係ありませんみたいな顔して。父親として何もないの?』

『いちいちうるせーな。
 知らんふりしてるんじゃないだろ。
 疲れていて、頭も痛いって言ってるだろ。
 人が一生懸命働いてきて帰ってきたら、大騒ぎになっていて。
 なんなんだよ。』

『何よ。あなたが帰ってくるときに、皆がいつでも
 ご機嫌でちやほやすると思ったら、大間違いだからね。
 こっちだって、揉めたりすることぐらいあるでしょ。
 母と娘なんだからさ、
 あなたが仲裁に入ってくれたっていいじゃない。
 知らんふりして、関係ないみたいな顔して。
 家族なんだから、皆で話したっていいじゃない。』

『だから、今は疲れてるって言ってるだろ!!』

『だったら、疲れて頭痛いから、
 静かにしてくれくらい言えばいいじゃない。
 関係ないって黙ってるのが嫌なの。なんのための父親よ。
 母娘でぐちゃぐちゃになってるときくらい、
 知恵を貸してくれたっていいでしょ。
 どうして、あなたは関係ないの?』

『うるさい!まずい!飯なんか食えるか。寝る。
 いいかげんにしろ。』


『・・・・また、そうやって怒鳴る。怒鳴らないで。』

『怒鳴って悪いのか。何でも俺のせいにするな!』

『じゃあ、私が悪いんでしょ。私が悪いことにすれば
 落ち着くんでしょ。いいです。あなたに間に入ってもらおうとした
 私がバカだったから。こんな時じゃないと
 娘に声かけることもないじゃん、何時大事な話をするの?』

『今じゃないって言ってるだろ。いいかげんにしろよ』

『いいかげんにして欲しいのはこっちだわ。
 怒鳴らないでって、何回もお願いしてるのに。
 男の人が怒鳴るのは、嫌い。』

『うるさい!寝るって言ってるだろ!』

『・・・・私が悪いでいいよ。
 確かに疲れてるところ悪いけどさ、こんなに私が○ちゃんと
 話してるのは、すごく大事なことだからでしょ。
 その肝心なときにどうして、いつも関わろうとしないの?
 大切なときに、寄り添うことがあなたからないの?』

『寄り添ってるだろ!今はしたくないって言ってるんだよ!』

『じゃあ、何時するの?今、助けが欲しいときに手を差し伸べないで
 いつどうやって助けるのよ。明日だってまた帰りは遅いじゃん。』

『しつこい!話したくないよ!○ちゃんも謝ったんだからそれで
 いいんだろ。君が、言い過ぎてるなら、○ちゃんに謝ってそれで
 いいだろ!俺は疲れて帰ってきてるんだから、いいんだよ。』

『・・・・・ふーん。わかりました。
 もういいです。あなたに期待した私がバカだったから。
 もう1回言うけれど、怒鳴らないでしゃべって。大きな声ださないで。』

『出す!でかい声でしゃべってどこが悪いんだ。
 俺だって怒鳴りたいときは怒鳴るさ!』

『・・・そう。・・・わかった。もういいわ。
 でも、少し考えてみたら。
 私はもしあなたと○ちゃんがヒートアップしてたら
 2人を落ち着かせようって思う。でも、あなたにはその気がないって
 ほったらかしでいいって思ってることがよくわかったから。
 関係ないんだよね、家族の揉め事はあなたにとって。』

『関係ないって言ってないだろ!』

『いいよ、もう。あなたがそんな風に取り乱して
 仲裁役じゃなくて、私たちよりも感情を剥き出しにして
 頼りにならないってよくわかったから。』

『うるさい!寝る!!!!』



**


サッカーも見ずに夫は布団にもぐりこんだ。
対オーストラリア、初戦なのに。


**


次の日。

夫からメール
『昨日は、体調も悪く、腹がたって抑えられませんでした。
 ごめんなさい。』

怒鳴る夫が嫌いだから返事せず。


夫から再度メール。
『優しくできなかった自分に自己嫌悪で落ち込んでいます。
 昨日出来なかった全てごめんなさい。』

謝ればすむと思っているのだろうか。
嫌いだから、返事せず。



夜帰宅時間になって夫からメール
『メールの返事ないのは怒ってるの?
 一日、寂しくつらく過ごしました。』


この人は、わからないのだ。
何回同じことをしてきたろうに
わからないのだ。

嫌いだと思う瞬間。
夫を大嫌いだと思う瞬間。
こいつ、筋金入りのバカだと思う瞬間。
尊敬できない、頼りないと思う。
男らしくないと思う瞬間。


『しばらく嫌いなので、関わらないください。』と
打ち込んだが、送信はせずに削除した。


どうしようかな。
離婚とか、別居とか、そんな物騒な話はないけれど
この固まりを、今回はどうやって砕こうか。

私は、夫の大嫌いな部分を持っている。

きっと夫も私の大嫌いな部分を持っているだろう。

**

夫帰宅。

夫『昨夜は、本当にごめんね。』

私『けっこうです。』


胸の奥にへばりついた想いが、渦巻いている私。
もう少し、怒っていよう。
スポンサーサイト

コメント


なんだか、ほっとしています。forgiveさんもそうやって、怒るんですね。そうやって、お互いの感情を出すことも必要ですよね。「もうちょっと怒っていよう」まさに、今の私がそんな感じです。

私はもう、許してるし、前を向いて歩いていこうと思ってるし、にっこり笑って「もう大丈夫だよ」って言えると分かってます。でも、言いたくないんです。もう少し、悲しみに暮れていたいんです。・・・forgiveさんのとは、少し違うのかもしれませんが。

ブログにコメントくださったこと、心に沁みています。
本当にありがとうございました。一度、お会いして、ゆっくりじっくりお話を聞かせて欲しいな、と思います。^^

こんばんは Ray-kaです。

ご主人にもそんなところがあるんだってビックリしました。うちの主人なんかよりずっと大人で穏やかで話し合いができる人だから、そんな風になることもあるんだって少し人間味を感じたというか…なんだかちょっとforgiveさん夫婦が身近に感じました。(勝手にRay-kaの中でforgiveさん夫婦像ってのができあがってただけかもしれませんが…)

でもうちの主人だったら即切れて「出て行くわ」ってきっとRay-kaの言うことなんて聞きもせず、自分の思いを伝えようとせず感情のままに煩わしさから逃れたいが為に出て行こうと玄関に行くと思いますよ。きっとそこで娘が止めに入るのだと…

そう思うとやっぱりforgiveさん夫婦って凄いなって思います。ちゃんと向き合っているもの。ちゃんとお互いにその時の気持ちを伝えようと努力しているもの。うちは…いつになったらそこまで辿りつけるのかな…

実は今日は娘の日帰り手術日でした。はじめは仕事が忙しいからといって付き添う気は全くなかった主人。で…Ray-kaの手術はそれでもいいけどやはり娘の手術にはできる限りの努力をして欲しくて、前日に携帯で少し話したら愚痴を言い出したので頭にきて「それじゃあ焦って車運転して事故っても困るから来なくて結構です」って切ったら…後で電話がかかってきて「できるだけ時間をとるから…でもずっとはいられない」と。で…今日は病院まで送りと迎えだけお願いしました。それだけでも娘にとっては父親の顔を見られるだけで安心するんですよね。そのことに気づいてくれたらと思うのですが、なかなか男親ってわからないのかもしれないですよね。たまには怒りで表現することも必要なのかもって思っていたので、なんだかforgiveさんの記事を読んでそうだよねって妙にうなずいてしまいました。

こんにちは~~
ん~~うちも、子供のことに関しては、似たような流れで喧嘩になります(・・;)
「玄関を開けた瞬間に、君が娘を叱ってる声が聞こえると、会社に戻りたくなる」
だそうです。。。。
で、私がイロイロと娘について、頭を痛めてる話をすると・・
「そんな風に言ったって、仕方ないじゃん」
(子供を叱れない、人なんです・・・汗)
あっ・・・・すみません・・自分が愚痴っちゃった・・・

>『しばらく嫌いなので、関わらないください
この、「しばらく」っていうところがいいですね(笑)

>もう少し、怒っていよう。
そうですね・・なんていうんだろう・・・
私は自分の中で、感情を、勝手に消化してしまうところがあるのですが・・
素の感情の中に、そのまま身を置くっていうのも、大事なんじゃないかなあ~~って最近思います。

それにしても・・食事と睡眠・・そうですよね・・私もいつも、子供に言ってます
「ちゃんと食べないさい、ちゃんと寝なさい」って・・(-。-;)

こんばんは。
前回/前々回のコメントへの返信、ありがとうございました。嬉しかったし、ホっとしました。おしおきについてのforgiveさんから頂いた言葉、もう一度よく考えてみます…。

記事、読んでいる途中で過去の回想?と思っていたのですが、
W杯のくだりで…リアルタイムだと気付かされ驚いています。
ベタですが、仲直りの為、また築かれる結果の為、と思わせてください。。。

今回のことに感化され。拙い文章ですが時間があれば覗きにきて下さい。

namiも大きな声で興奮する男の人、大嫌いです!
自分も同じくらい興奮しているのかもしれないけど、そういう相手を見ると、反面教師でやけにボリューム落として会話しちゃいます。(笑)




IZUMIさん

私は、いい子ぶる⇒落ち込む⇒ぶち切れ⇒怒り怒り怒りでした。
怒ること、取り乱すことは、かっこ悪いことじゃないとわかったら
ガス抜きもかねて、いい感じで怒ることが
できるようになりました。
夫にすれば、いい迷惑かもしれませんが、
その分、こちらの考えが伝わる部分もありますね。

>私はもう、許してるし、前を向いて歩いていこうと思ってるし、>にっこり笑って「もう大丈夫だよ」って言えると分かってます。

本当に大丈夫ですか?
私は、けしてゆるすことはできないと思っています。
夫の愚行を受け入れることができるほど
器がないちっぽけな人間だといやというほど
思い知りました。

ただ、ゆるす方向に進み続けていくうちに
過去にこだわらない、今に執着しない、
未来に過度な希望を託さない
とても自由な日々が
与えられると信じていますが^^

無理なくね。
こうしなければならないでは、こうしたらいいかなのような
肩の力を抜いた状態で行きましょうね。

Ray-kaさん

いつも回想の過去記事が多いので、わたしの中で
あまり生々しい思いがないのかもしれません。
その分、夫の言動をソフトに書いているかもしれないです。

今回の記事はリアルタイムです。
夫も久しぶりに怒りましたが、私も久しぶりにあきれました。

今日あたりやっと落ち着いてきたので
ことの顛末を記事をUPしようかな^^;


>実は今日は娘の日帰り手術日でした。

大丈夫ですか?
なかなかブログにおじゃまできないので、
ご事情も知らずにいました。

夫に必ずそばにいて欲しいわけじゃない。
行きたいけれどいけないのだ
気持ちはこちらに向いているのだというそのしるしが
欲しいのですよね。


怒りは、けして全てが全て悪いものではなく
かといってどこまでも怒り続けていいものでもなく
コントロールされてこそ、生かされるものなのでしょうね。
芝居をつけるのは、いやですが
かといって、感情を全て押し殺す必要もないと思いますよね。

リボンさん

愚痴ってくださいな。
どうも、私の記事は固いので、まったりコメント歓迎ですよ^^

>この、「しばらく」っていうところがいいですね(笑)

汲んでくださってありがとう。
でも、メールは出しませんでしたけどね^^;
私の『しばらく』のニュアンスと、夫のしばらくのニュアンスは
微妙に違うのだと気がついて
いじわるしないことにしました^^;


>私は自分の中で、感情を、勝手に消化してしまうところがあるのですが・・
>素の感情の中に、そのまま身を置くっていうのも、大事なんじゃないかなあ~~って最近思います。


そうそう。私も以前は、マイナスの感情や
みっともないと思われる感情を表出さずに
自分に対しても自分をいい子にしていましたね。

今は、かなり悪い人です^^;
人に迷惑にならない程度にね。
礼儀や節度ある本音でおつきあいできる関係は
とても自由で、信頼がないとできないことだと
だんだんわかってきたような気がしています。

特に夫に対しては、信頼がかなり積まれた?ので
嫌なものは嫌、と言えるようになりました。

・・でも、嫌いを連発される夫には
しんどいかな。あまりいじめないようにしよう^^;

namiさん

少しでも、元気になれたのなら何よりです。
でも、考えすぎないでね。
考えることは、頭の中だけの出来事です。
それを生きる形に表さなければ
私たちは、架空の世界に生きていることになりますよね。

夫とは、喧嘩や意見交換はよくします。
というか、あのことがあるまでは
バカみたいなほど、喧嘩したことなかったんです。
勝手にお互いがお互いを理解しているつもりだったのだと
思います。

怒鳴る男の人は、嫌いを通りこして悲しいですね。
この人が夫かと思うと、情けなくて嫌いです。
あら^^;やっぱり嫌いかな。

そちらにおじゃましました。
よろしくです^^

そうですね。・・・ほんとのところ、自分の気持ちが自分でよく掴みきれていない状態なのかもしれないです。
全然平気!って思える時もあれば、すごく暴力的な気持ちになったり、自虐的になったり・・・

きっと心が、緊張と緩和を繰り返しすぎて、疲れて、麻痺しつつあるんだと思います。
ぐーっと怒りや悲しみ悔しさや恨みに締め付けられてきたら、そこから逃げる為に、「あはは、大丈夫、大丈夫。全然、平気!だって、私には心配してくれる仲間もいるし、神様もついてるし、夫や相手にはそれがないんだもん。仕方ないよ~!」なんて、ぽーんと気持ちが切り替わるのんです。でも、それは、本心ではないのかもしれないですね。

まだまだ、時間がかかりそうです。でも、夫に感情をストレートに出せたのは、大きな進歩だと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

IZUMIさん

心は一面ではなくて、多面体なんですよね。
健康で、平安な心の部分がだんだんに大きくなると同時に
辛い心の部分を、しょうがないと受け入れることができたら
それはそれで、バランスがとれてくるように思います。

本心って何でしょうね。
思うことは、どれもが本心で
どれを優先にしたいかと願うところへ向かう過程が
大切かもしれません。

一番大切なことって何だろう。
自分を守ることなんだと行き着くときに
本当にちっぽけな私を愛してくださった神様の
大きさがせまりました。

神様の大きさがせまってきたとき
私がこだわっていくことは、どこまでゆるされるのか
おのずと知らされるかもしれませんね。

2006/06/19 12:08の非公開コメントさん

こちらこそ、ありがとうございました。

夫は今も、
俺も悪いがお前はもっと悪いという考えがちな人です。
だから、こうして何かの行き違いで喧嘩になると
夫の底の思いが全面的にでてきます。

そして、私もそうなのでしょう。

でも、それでは、人間関係が成り立たないから
なんとかしたい。
その皮一枚で、夫婦はなんとかつながっているのかもしれません。

今回は、こうして
夫が否を自ら認めてくれましたが、過去にこんなことは
ほとんどありませんでした。
夫は少しずつ変わったと思います。
こうなるまでの長い道のりへ歩めたことを感謝します。

歩んでいる間は、お互い悪者探しに没頭しましたが
それもまた必要でした。
右往左往も避けることはできないと思います。
非公開さんはその辛い時間と思いますが、
進まれるようにお祈りしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/79-a3d3ed3e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。