2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるすためにあるのさ

千足とQの絵本ワールド  ごんぱち作 「ピトラの冒険」より




「おう、ピトラ」

「ゲンさん、こっちにこられるの?」

「ゲンブのゲンさんをなめちゃいけねぇ」

 ゲンさんはてをのばして、リンガをつかみます。

「あっ、どうするの?」

「せかいのさかいめをかってにきったんだ。
 おいらたちがどれだけくろうしたか。まあ、おしおきだろうな」

「そんな! リンガはわざとやったんじゃないんだよ!」

「わかってる。でもな、おしおきってのは、わるいことをしたヤツをくるしめ るためにあるんじゃねぇぜ」

「え?」

わるいことを、あらいながして、ゆるすためにあるのさ
 
ゲンさんとリンガは、ふっときえました。

「リンガ……」

 もう、なにものこっていませんでした。

「また、あおうね」

 ピトラたちのきおくのほかには。






***********

そういえばと、思い立っていやらしくも
『ゆるすために』と検索してみました。

自分のブログとキリスト教関係
そして、こんなに素敵な創作童話のHPがUPされてきました。

**


もう何も残っていない。
自分達の記憶のほかには。
お仕置きをして、洗い流し、ゆるしてしまった。



残っている記憶は、単なる記憶にすぎないのかもしれません。
記憶に苦しむのは、自分へのお仕置きでしょうか。
自分へのお仕置きは、どこまで続くでしょうか。
ゆるしていることを
ゆるされていることを知っているくせに、
どこまでもこだわる自分に仕置くことは、
【ゆるす】ということそのものへの、侮辱かもしれません。
スポンサーサイト

コメント


いつも、いろいろと考えさせられます・・

>【ゆるす】ということそのものへの、侮辱かもしれません。
私は、自分のブログで、「ゆるす」という言葉を、意識して避けています
というか、使えずにいます。(使うこともありますが・・・)
それは・・「ゆるし」という言葉に、思い入れが深すぎるからであり・・・
また・・・自分自身の傲慢さ、からでもあり・・
もうひとつ・・・なんとなく、うしろめたい気持があるから、です。

自分自身が、すでに、ゆるされている存在であることを知りながら・・・
いつまでも過去に囚われ、反省という名で、自分を罰そうとするのは
あまりにも、思い上がった行為だと、思いながらも、尚、過去を手放さずにいる。
なんとも、チグハグな、矛盾した、自分自身への「うしろめたさ」です。
(どうも、意味不明で、スミマセン・・・・・汗)

>記憶に苦しむのは、自分へのお仕置きでしょうか。
そうですね・・・
私は、かさぶたをはがして、痛いと泣く子と同じなのかもしれません。
過去はもう、ひとつの事実にすぎない・・それ以上でも、それ以下でもない・・
といいながら、いつまでも、記憶に苦しもうとするのは・・・
そうしないと、苦しんだ過去が、なにもなかったことに、なってしまうような気がして・・

「洗い流してしまうこと」への、必死の抵抗なのかもしれません。
本当は、もう、「洗い流されて、なにも残ってない」んですけどね・・・
こんな私でも、やはり、ゆるされてしまっている・・・・

正直なことを言えば、私にとって「ゆるされている」ということは・・
大きな感謝であると同時に・・・重いことでもあります・・・

すみません・・相変わらずの言いっぱなしで・・・m(_ _)m
本当は、自分のところで、言えばいいのですが、なかなか・・・
このブログとの出会いに、感謝しています。ありがとう。v-318

こんにちは。ももです。

今振り返ると、夫に「これがお仕置きです!」ということはしていなぁと思いました。
夫をいっぱいいっぱい責めましたが、あくまでも責め立てただけで、逆に言い返されることも多く、あれはお仕置きじゃなかったなぁと。
「お仕置き」って何か愛情味ある言葉ですよね。
寒空の下をバケツ持って立たせたりしたら、意外とすっきりするのかもしれないですね。(笑)

ゆるさなければと自分で自分を追い詰めて、でもやっぱりできないともがき苦しんで、結局自分が病んでしまって、病んだことを夫のせいだと言わんばかりに当てつけがましく過ごしている今の自分の姿を、ちょっと違うんじゃないかって思いました。
私にとっては、大きな一歩かも。

自分へのお仕置きも、もういいんじゃないか、そんな気持ちです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

リボンさん

言いっぱなし感謝です^^
もし、現実世界で目を合わせて、想いを寄せて、ハグもできて
話ができたら、何か伝わるものが少しはあるかもしれませんね。
でも、良く悪くもネットの中の世界です。
こうして、ことばに乗せて初めて何かとなりますね。

どうぞ、言いっぱなし、独り言おいていってくださいね^^


リボンさんはゆるしにこだわっているのですね。
私は、かなり祈ってこのブログ(前のも)のテーマを決めました。
言いにくい言葉特集で言えば
『愛』でも『信頼』でも『真実』でもよかったかもしれません。

でも、ゆるすになったのは、一番ほしいものだからかな。
欲しい!欲しいと餓鬼みたいに騒いでいる私。
ヨハネの11章にパンをくれとうるさく言う人の
たとえがありますね。そんな感じかな。
しつこく言ってるから神様がしょうがねぇなぁと
教えてくださってるような気もしています。

リボンさんの思いも共感します。
大切でこだわっているから、言葉にできないみたいなね。
私にとっては、『愛』とか『信頼』とかかもしれません。

言ったそばからうそになるような
自分のこの口からでると、汚れてしまいそうな
そんな感覚がありますね。


>苦しんだ過去が、なにもなかったことに、なってしまうような気がして・・

苦しんだ過去は、ご主人との間で教訓として残しておいて
よいのかもしれませんが
自分の心の中の固まりとしては、なくしていってもいいときが
くるでしょうね^^

・・・例えば、テトリスの1ピース。
ひとつひとつは
でこぼこで、形がいびつで、収まりが悪いけれど
その場にぴたっとはまると消えてなくなってしまうの。
意味、伝わりますか?

手放すまでは
工夫や思い煩いや苦労があるけれど
何かの拍子にパズルがはまって、消えてしまう。

今の試行錯誤・想いは消えるため、なくなるための
過程とも思いますよ。

ももさん

>寒空の下をバケツ持って立たせたりしたら、意外とすっきりする>のかもしれないですね。(笑)

あはっはははは^^
受けました(笑)似たようなことを夫にしたことがありますから。
怒りを単に爆発させて、夫に落とし前をつけさせる・・
そんな感じの時期が長かったです^^;

自分のやり場のない怒りを昇華させることと
夫へお仕置き(夫婦仲直りをする)ことは別枠ですね。
それはこれ、これはこれと
分かりやすく線引きできればいいのかもしれませんが
難しいですね。
難しいですが、なしていきたいことですね。

だから、話し合いや伝え合いが大切になってくるのだと思います。



私もかなり病んだ時期がありましたが
誰かのせいにしなければ、やり過ごすことのできないときでした。
きっと見えない大切なものを壊していたのだと思います。
でも、壊れたのなら、また作りなおせばいいんですよね。
ももさんもご自分で、それに気がつかれたのなら
大きな一歩。偉大な一歩ですね。

でも、この一歩は、すぐ後退します。
でも、次に、三歩進めるようになりますよ。
少しずつ少しずつ、ゆっくり歩まれてくださいね。

ももです。
あたたかい言葉をありがとうございます。

>でも、この一歩は、すぐ後退します。
>でも、次に、三歩進めるようになりますよ。

何度読んでも、心に染みいります。
希望を持って歩みたいです。


2006/06/03 01:54の非公開コメントさん と ももさん


コメントへのお返事が遅れてごめんなさい。

私事優先で時間捻出ができないでいます。

記事をUPするより
先にお返事することが筋なのも重々承知ですが
おゆるしくださいね。

今晩にお返事したいと思っています^^


2006/06/03 01:54の非公開コメントさん 

お返事が遅れてごめんなさい。
言いにくいことをおしえてくださってありがとう。

私も似たり寄ったりの経歴があります。
それを背負っていき、二度とそんなことはしないとの
規律を自分に課すことは大切ですが

その過去が今辛いこと=お仕置きであると考えは違うと
私は、思っています。

そうでなければ
私たちは、どんなことも受け止めなくては
ならなくなりますね。

世の中には、不倫や浮気以外にも
様々な悲しい出来事が降ってわくように起こりますが
それはお仕置きではなくて
それを乗り越えて何かを見いだすためと思います。

ご主人のことはご主人との関係として和解されていくことです。

自分の愚行は自分の愚行として
誰にも知られず、自分自身が背負うものであるでしょう。
自分しか知らない秘密の出来事を
誰にも言わずに抱えることの苦しさは
反省の度合が濃ければ濃いほど
耐えられないものになりますね。

私は、そこに神様が憐れんでくださって
ゆるしてくださったと感じています。

都合のいい解釈かもしれませんが
私がどれほど苦しんだか
それは誰にもわかりません。
そのことを思うときに、ゆるしてくれる存在はあると感謝せずに
いられません。



ももさん

お返事が遅くなってごめんなさい。

ももさんに声をかけつつ、
私も自分自身に言い聞かせている部分もあります。

いつもコメントありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/70-bfdf359e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。