2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆つくる夫婦①

私たち夫婦は、
裏切りがあった夫婦です。

私(妻)は、過去に浮気に至りそうになった経験があります。
夫以外の男性を良しと感じていた頃は、
他ブログでときおり垣間見るような夢見ごこちの状態でした。

自分では正当な理由を掲げて
不倫をもっともらしく思い巡らしますが
真実は、自分がだらしないだけでした。

百歩譲っていただいて
弁明させていただければ、寂しくてたまらないと
自己憐憫に浸っていただけです。
そして、その寂しさを安易な方法で
昇華しようとした結果です。



また、
夫も私以外の女性にうつつを抜かしている時期がありました。
夫のそれは、当時の本人弁では
『いい気になっていた。
 自分が何者かになったような気がした。
 彼女に好意を感じている。君に特別不満があるわけではない。
 いや・・小さな不満はあるが・・・。』

とのことでした。
男性特有のものと割り切るつもりはないですが
たんなるお山の大将状態です(本人弁)。
自分の人生を粗末に扱っていた状態です。

真剣に何事かを成し遂げたい志ある人間ならば
女房子供を地に付き落とすような行為は
自滅行為だと分かっているはず。

ほかにもいろいろ理由はあったのでしょうが
理由は弁解にしかならないとお互いに悟り、
これからどうしたらやり直せるのかと
夫婦の思いは、至りました。



今、私達夫婦は
長い時間をかけてやり直しの軌道にのることができました。
晴れ晴れとして、のんびりとした平和な日々が
与えられています。



その過程で
私たち夫婦は、クリスチャンとなりましたが
夫婦のやり直しには
キリスト教の神様に出会ったことが
最大の恩恵と言わなければならないでしょう。

聖書の教える愛と信仰と希望は、
私たち愚夫婦を、驚くような道に進ませてくれました。

それは
心からすべてを
すみからすみまでゆるしあうことのできる道です。



そのゆるしあう道の脇には

真正性◆正直に気持ちを分かち合うこと
相互性◆互いに励ましあうこと
同情◆互いに支えあうこと
憐れみ◆互いに赦しあうこと
正直さ◆愛をもって真実を語ること
謙遜さ◆自分の弱さを認めること
思いやり◆違いを尊重すること
秘密を持つこと◆2人だけの親密な時間をつくること
繁雑さ◆2人の関係を優先させること
独立◆互いに頼りあう関係になるために、自己中心を捨てること


とよばれるいくつかの花が咲き


そして、ありのままの私であることを認める合える喜びと
怒りからの解放の旅を続けるができます。

上記の項目は、
聖書を学ぶさいのある指南本からヒントをいただいたのですが
結婚を充実したものにするための
そのものであると感じて引用させていただいています。





これから
時間をおって≪絆つくる夫婦のために≫のカテゴリに
夫婦やり直しのために思いつく限りの、
また経験した全てのことをできるだけ系統だてて
わかりやすく、書き上げていきたいと思います。


文章力の未熟さや
高ぶりやすい心を持ち合わせたものですので
満足のいくものを公開することができるかどうか
まったく自信がありません。


時間もどれぐらいかかるかわかりませんが
どなたか配偶者の不貞で
悩み苦しんでいる方にほんの少しでもお役に立てば幸いです。

****

元ブログからの転記です。
一部加筆修整しました。
この記事を仕上げたくて、
勢いつけてこちらに引越したかもしれません。
どなたかのお役に少しでも立つことができますように
お祈りいただければ感謝です。
スポンサーサイト

コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご訪問ありがとうございます^^

詩のブログへお越しくださってありがとうございました。

渦中にいたときの詩は、本当にどん底で苦しんでいる私がいます。
今は、イエス様の浮き輪に捕まって、ぷかぷかと波のまにまに流されるまま浮いたり沈んだりしている・・・ような^^;

夫婦二人の親密な関係、時間、必要ですね。一昨日、やっと二人きりでデートできました。何かが急に変わることはないですが、じんわりじんわり、お互いににじり寄り、いつしかぴったりと寄り添えるんじゃないか、と思う今日この頃です。

リンク、いただきました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

IZUMIさんへ

デートなさったのですか?よかったですね^^

>何かが急に変わることはないですが、じんわりじんわり、お互いににじり寄り、いつしかぴったりと寄り添えるんじゃないか

そうそう。その通りです。でも、自分の望む速度で、仲直りが進まないから、やっぱりダメなのかもしれないと、いや、こんなにうまく行かないなら、もうやめようになってしまうのですよね。

2人の関係で、ぴったりするところと、そうでなくても何とかなるところもありますしね。そんな部分もだんだんと見えてくると思いますよ^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/7-40c2b509

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。