2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆つくる夫婦⑩芯にみるもの

夫が不倫したことによって、
損なわれてしまったものは、

夫婦の関係
夫の中にみていた人格
私の人格

の3つでした。

逆に言い換えれば
夫婦のやり直しをしていく中で
回復しなければならないのは

夫婦のコミュニケ-ション

夫の人格への信頼

私自身を私が大切に愛すること=精神的な自立


この3つの必要があると経験から行き着いています。




絆つくる夫婦のためにの記事で書かせていただいたように
夫婦での話し合いを何度もしたり
工夫して話したり、聞いたりをするうちに
ほんの少しずつですが
夫婦の関係は、近づいてきたように感じ始めます。

しかし、夫は神様でも、王子様でも、スーパーマンでもありません。

どんなに会話を尽くしても
どんなに夫が私の気持ちをくみ取ろうとも
もし、夫が優秀なカウンセラーに匹敵するような受け答えをしたとしても
また、それに伴なって、何か行動で表わしてくれたとしても

夫婦の関係は、どんなに近づいても
けしてぴったりとならないのだと気がつきました。

2人は、重なり合わない2重の集合の円のように
バランスよい形でありたいと思います。

そして、重なるその部分は
うそのないこと
隠し事のないこと
真心をさらすこと
お互いの譲れない部分を示すこと
2人の芯の部分=人格そのものが行き来するところでしょう。


一部ではなく、全部を隅々までぴったりと重なりたい
全ての全てをわかってほしい、
担ってほしい、汲んでほしいとするのは

私がもともと持ち合わせていたであろう夫への依存であり
また、夫が悪者、私は被害者という過度の甘えです。

****

不倫はいけないことです。
不倫した側は悪いことをしました。

しかし、不倫や浮気が生み出される夫婦関係は
それぞれの弱さが生み出した夫婦の結果と
受け止めなくてはならないでしょう。

された側にとっては
たいへん悔しく、認めたくなく、目を向けたくないことですが
浮気や不倫やうそ、隠し事を生み出す夫婦関係は
5:5の割合ではないにしろ
0:10の割合で、どちらか一方が悪いのではないでしょう。

しかし、裏切られたその動揺のために
私は、夫が悪いと認めさせたくてしかたありませんでした。
自分のずるさを、心の中で認めて苦しんでいるのに
それを夫に見せることが何か弱みを捕まれるようで
難しくてたまりませんでした。



あなたのほうが悪い、私は傷ついたのだ
だからあなたは、私に償う必要がある、に終始している間は、
なかなか突破口が見えてこないのはそのためと思います。


『あなたに浮気をさせてしまうような
 奥さんでごめんなさい。』

この一言が言えませんでした。

あんなに、夫に対して
あなたの気持ちを知らせて、話して、教えてと
投げかけながら、自分の奥の奥に潜む気持ちを
夫に見せることがなかなかできませんでした。

私の気持ちを夫に見せないから、差し出さないから、
夫は、いつも私に責められている、自分は謝っているだけ、
自分だけがこの問題を解決しなければならないと
凝り固まり、頑なになっていかざるを得なかったと
後に教えてくれました。


**********

私『・・・・今、いい?』

夫『少しだよ。今日は疲れてる。』

私『少しにしようと思ってるんだけど
  話しているうちに興奮してきちゃう。
  思い出して、止まらなくなるんだわ。
  ・・・・ああ、先に精神安定剤飲んでおこう。
  そうすれば、眠くなってまったりしていいかな。』

夫『そうだね。そういうところで、薬使っていいって
  お医者さんも言ってたね。』

私『・・・・・あのさ、すごく言いにくい。
  あなたのしたことはすごくひどい。
  ゆるしたくてたまらないけど、ゆるせない。
  ゆるしてるって思うときもあるけど、それも持続しない。』

夫『・・・・・・・・』

私『なんで、返事しないの?
  聞きたくないって感じるよ。』

夫『いや、また責められるんだと思うと、かまえてしまうんだよね。』

私『・・・・・・・・そっか。そんなつもりじゃないんだけどね。』

夫『何?言いにくいことって?』

私『なんか、こういうと、ゆるしてるってとられるような
  自分が負けるみたいな変な感じで上手く言えないんだけど。

  ・・・・ごめんね。あなたがあんなことするって
  もちろんあなたが悪いんだけど、私にも悪いところがあるっていうか
  2人の悪いところが膿みみたいになって出てきちゃったんだよね。
  
  そのことが、こんなことになって、
  あの女性が形になって、2人の間に入ってきて、
  これが子供こととかじゃなくてよかったんだよね。
  夫婦2人のことだから、2人でやり直せるよね。

  ごめんなさい。私も悪かったからごめんなさい。
  あなたに浮気させるような奥さんでごめんなさい(泣)。』

夫『・・・・うんうん。もういいから。俺悪いから。』

私『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・そこで、俺悪いって
  言ってくれないんだ・・・』

夫『なんだよ!今、君が謝ってくれたから、そう言ったんだろ。』

私『ふーーー。落ち着こう。深呼吸するよ。
  ごめん。言い方が悪かった。
  あなたに男らしいところを求めてるんだ。
  これは私の勝手だ。あなたに甘えてるんだ。
  あははっははは。笑っておこう。
  今日は、なんかもういいや。これ以上話したら、また泣き叫びそう。
  つうか、もはや、涙とまらないけど(泣)』

夫『ごめん。泣かないで。悪かった。うん。また休みの日に話そう。』


***********

実のあるような実のないような会話。
何かを得たのか得ないような会話。

でも、ぶつかることで探ることで
頑張らないでもいいんだ、そのままでいいのだ。
お互いがそのままでいても、それでも一緒にいたいと思える
何かがちょっとずつ見えてきたと思います。

夫の浮気の発覚から数ヶ月のことです。
スポンサーサイト

コメント


forgiveさんのブログに出会い、不躾も省みず私の胸の内を書き送り、それを読んでくださって、いたわりの言葉もかけていただいたこと、嬉しく思います。ありがとうございました。

心がなるべく安らかでいられるように祈るような気持ちです。
じぶんのことなのに、変ですけど。

Happyさん

Happyさんの苦しい気持ちは
数年前の私そのものでした。
その以前の私にむかって、
慰めるような、励ますような言葉を想うことを
させていただくことができました。
こちらこそ、お礼を述べなければならないと思います。

その苦しい時間を背負ってきた分、
リクエストどおりの幸せではないけれど、
きっと何かを見い出すことができると思います。

【自分のために祈る】大切ですよ^^
なんだろう、心安らかになって得る幸せは、
自分のものだけじゃない
周りにもきっとおすそ分けできるものになりますよ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/47-47ae4a1a

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。