2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆つくる夫婦⑨地雷

テレビで、新聞で、ラジオで、
いつも聞いていた好きなアーティストの歌で
地雷はどこにでもありました。

飲み会という言葉
携帯電話
パソコン
残業
出張
会社
ゴルフ
日曜出勤
夫と連絡がとれなくなること

夫のしたことを思い出すきっかけは
もう無数にちらばっていて、いつも何かに刺激を受けていました。

気にしなければいい
無視すればいい
気晴らしすればいい

そういう状態ではありませんでした。

気持ちが、頭が、心が
ショック状態でアンテナがピリピリと
張り詰めていて、コントロールできない状態でした。

**


夫『明日から出張だから』

私『・・・・そう。』

夫『疑ってるの?』

私『・・・疑うとかそういうのじゃない。』

夫『急に機嫌悪くなってるよ。』

私『・・・・思い出す。』

夫『もう何もないから、本当に大丈夫だから』

私『・・思い出した・・・』

夫『思い出すなって。もうほんとに大丈夫なんだから。』

私『・・・大丈夫、大丈夫って、そうやってあの時も
  そう言って私の目を見て、そういって嘘ついてたんじゃない(泣怒)』

夫『・・・・ごめん。』

私『どうして、いつまでも変わらないの?
  いつもそうやって平気で思い出させるようなことをするの?
  私のことをそんなに嫌いなの?
  どうしていつまでもいじめるの?』

夫『そんなつもりはないよ。出張するなっていうのか?
  会社辞めて、毎日君と一緒にいればそれで満足するのか?』

私『そんなこと一言も言ってないじゃん。
  誰が会社辞めてって言った?
  私が言いたいのは、どうして浮気したのかってことだよ。
  それだけは絶対いやだって、お願いしてたのに
  どうして、裏切れるのか言ってよ。
  理由を教えてよ。私のことが嫌いなら
  女の人と付き合う前にきちんと話してって何度も言ってたじゃん。』

夫『そんなつもりじゃないんだって。
  京子のことが嫌いとかそういうのじゃなくて
  僕が馬鹿なだけだって。』

私『あなたがそんな人だと思わなかった・・・・・・・・・』

こうして泣いて、怒って、夫が謝って、
なだめられて終わり。

しばらくして落ち着くと
言い過ぎてごめんねと私が謝って
夫も俺が悪いから、お互いさまだ、と
お互いに頭を垂れて、終わりです。

もうこんな言い争いは、したくないと
お互いの心に沈んで

でも、しばらくすると、またどんよりと
不安が押しあがってきて、ときにふいに不安に襲われて
同じことを繰り返します。
何度も繰り返します。



***

ある日、落ち着いて、のんびりしている時に

私『ねぇ、あのこと話もいい?』

夫『いいよ。』

私『いつもさ、言いたいこと言って
  泣いて、なだめられて、終わるじゃん。
  で、そのときは、なんとか治まるけど
  私ね、何も納得していないんだよね。』

夫『僕が一生懸命してるのって無駄ってこと?』

私『いや、そうじゃなくてね、あなたが一生懸命してるのは
  すごく知ってる。悔いてるのも知ってる。
  でも、あなたの差し出すものと、私の欲しいものが
  違うっていうか・・・』

夫『違う感じなんだ。』

私『ああ、それそれ。そういう風に聞いてもらえると
  すごくわかってもらえたって、感じて気持ちいいよ。
  私の気持ちのことばを繰り返してみて。
  前に読んでっていった本に書いてあったでしょ。
  あれいいかもしれない。』

夫『あーあの本のか。』

私『だからさ、話し戻すけどさ、
  地雷がいっぱいあるじゃんか。
  それを踏まないようにしたほうが、とりあえずいいっていうか。』

夫『うんうん。』

私『あなたのね、冬のコート見てるだけで
  あの人と一緒に歩いたと思うと胸が悪くなる。』

夫『関係ないから。』

私『違う!!!あなたは関係ないって思っても
  私が、気持ち悪く感じてるの。
  そのことを知って欲しいっていうか
  共感してほしいっていうか。』

夫『ああ、そうか。・・コート見てると気持ち悪くなるんだね。』

私『うん。気持ち悪くなる。
  でも、もう関係ないから、気にしないようにって
  忘れるようにしてるの。』

夫『京子は忘れるように頑張ってるんだね。』

私『・・・(涙)そう。いつも忘れるように
  頑張ってる。ありがとう。そう、そのことを知って欲しかったの。
  ありがとう。聞いてくれてありがとう。』

夫『・・・・こっちはね・・何かしなくちゃ
  何か解決しなくてはって、いつも思うんだよ。
  それいらないのか?アドバイスしなくちゃみたいな。』

私『アドバイスが欲しいときもあるけど、
  しんどいときは聞いてほしいだけなんだ。
  それって、した側とされた側の違い?』

夫『男性と女性の違いかな。わからんね。』


*******


厳密には、こんなに上手く会話が運んだわけではありませんが
こんなあたりをさまよって
気持ちの交換をしていきました。

失敗も何度もありますが
仕切りなおし、仕切りなおしのくり返しです。

また、もちろんこればかりをして、
夫婦の仲直りをなしてきたわけではありません。

ひとつところに、集中していては、上手くいくことも
行き詰まってしまいます。
息つまってしまいます。

あっちで何かをして、こっちで何かをして
探して何かを探して、いつも探していました。
スポンサーサイト

コメント


今夜も泣けちゃいました。
なんで泣けてしまうのでしょう?
きっと、現実を語って下さっているからですよね。

私は10年弱前に離婚しています。
2,3年(4年弱の結婚生活だったため)
恨みつらみが消えるのに時間を要しました。
でも、その後自助グループで
相手の問題ではなく、自分の問題を見つめる
と言うクリスチャン方法(っていうのです?)
を覚えさせられたため、結構一般的に考えると早く立ち直り
ほぼ愚痴をこぼしたり、恨みを復活させてグダグダ語る事も
なくなりました。そして、もう遠い昔のように思い
笑い話にしかなっていませんでした。
離婚後、こちらで知り合った人たちには
私にそんなぐちゃぐちゃの過去があったなんて
どうやって想像していいかわからない、と言われるほど
本当に本当にクチに出す機会も必要性も感じないくらいなのです。

だけど、forgive_yurusiさんのブログ見ると泣けるんですよ。
とにかく思い出して、「どうして、どうして」と
行き所無く苦しんで、伝える事も解決へ導く事も出来ずに
絶望のふちにいた自分の事を。

その時の傷は、まだちょっと私の中で痛んでいるのだという事を
改めて気づきました。そして、慰められるのです。
それは、forgive_yurusiさんたちご夫婦は関係を回復させ、
成長を続けてい事がわかるから、だと思います。

きっとその頃の私は今になって本当の慰めを
受けているのかも知れません。

私も。今、地雷と闘っています。

以前は笑って話していた事が、
友人の軽口でさえ許容出来ずに、顔がひきつってしまいます。

テレビで「浮気」とか「不倫」って
言葉が出ると苦しくなります。

自分の悪いトコは棚に上げて、
「こんな情けない人と結婚生活を送っていたんだ・・」

と、卑下する自分がいます。

これからを見ていきたいのに、
振り返ってばかりで、自分が嫌になります(反省)。

地雷・・・私も昨日、踏みました。

彼女が住んでいる町が、テレビで出たのです。
夫も私も、彼女のことには触れませんでしたが、
きっと、夫も心の中では何かを思い出したことでしょう。
私は、地雷を踏んでも、平気な顔をしていました。
夫の前では、平気にしていられましたが、今日は、
なんだか一人になると、彼女のことを思い出し、
彼女と夫が過ごしたであろう時間を勝手に想像し、
まるで、空気がゼリーのように感じました・・・

そうですよね。聞いてもらうだけで、気持ちを受け止めて
もらえるだけで、良いときもありますよね。
でも、夫は、「回答」したがる。「返答」とか「俺に
どうしてほしいの?」という質問をしたがる。
そうじゃないんですよね。どうにかしてほしいのじゃなく、
「聞いて」ほしい・・・「私を見て」ほしい・・・そのことを
まだ、彼は本当の意味で、理解していないのかもしれないです。

いつも、大きなヒントをありがとうございます。

エレミヤさん

人や事にとことん傷ついたとき
時間がかかっても、立ち直ることができるのが
人の素晴らしいところだと思います。

誰もが立ち直る希望と権利と義務を持ってると思う。

ところが、ゆるすってなんだろね。

本当の意味で、ゆるすことができるなんて
神様しかいないよね。
だからこうして、私もブログを書くことができるし
エレミヤさんも、神様にあって泣いちゃうのだと思う。


苦しんでいるときにも、しんどかったときにも
どん底にいたときにも、もうだめだと思ったときも

そしてこうして立ち直った今も
エレミヤさんを優しく優しく見守って
めちゃめちゃ愛しまくってくださり続けている神様が
いつもいつも一緒にいてくださったことを
エレミヤさんの心の残りミニミニ傷跡を
優しく撫ぜてくださっているのでしょう。

上手く言えないけどね^^;

コメントありがとう^^

そらさん


>自分の悪いトコは棚に上げて、
>「こんな情けない人と結婚生活を送っていたんだ」

私もそう感じて、とても苦しい時間を送っていた時があります。
でも、夫婦は鏡だとどなたかに言われて、
本当にそうだと深く反省しました。

夫が情けない人なのではなく、
私が情けないからそれにぴったりの夫であること。
夫に嘘があるとき、私も嘘をついていたこと。
夫も自分と同じ、弱くもろい普通の人間であるということを
見つめてみました。

このこともこれから順を追ってお話しさせていただこうと
思っています。

振り返ることはけして悪いことではないですよ。
振り返ることによって、もうあの情けないところには
戻るまいと思うことが、先への一歩に繋がりますよね^^

IZUMIさん

これでもないあれでもないと探していくと
ピンポイントで見えてくるのは
『私を見てほしい』になりますよね。

『いつもご飯を作ってくれてありがとう』も嬉しいけれど、
何かをしたり、自分プラスアルファではなくて
素の私に対して
『そのままで、ありのままでいてくれるだけでいい』は
どんなにほっとするか、言うまでもありませんよね。
それが、『話を聞く』に集約されているといつも思います。

お久しぶりです。
いえ・・・こちらへお引っ越しされてすぐ、追っかけ、通わせていただいてたのですが(^^;)。

どうしてだか、いつも、forgiveさんの言葉はすとん、と私の臓腑に落ちてきます。
forgiveさんの記事を読むと、上手く口に、表情に出せない自分のことが、夫との間はとても穏やかなのに、時々もやもやとしてしまう自分の気持ちが、そういうものなのだ、と素直に思えて、安心します。

forgiveさんご夫婦のようには、丁寧に言葉をやりとりすることのできない私たち夫婦ですが、自分の何を振り返ればいいのか、夫の何を見つめていくことが大事なのか、ゆっくりと掴んでいけたらなぁと思っています。

いつもありがとうございます。

sonia510さん

こちらこそ、ご無沙汰ばかりでごめんなさい。

コメントは、書きたいと思ったときは、
神様が背中を押してくれた時
読むだけでいいやと思ったときには
とどまるようにされた時と
思って思うままに残していただければいいですよ^^

ご主人のとのこと
胸の固まり・モヤモヤは、氷ですものね。
少しずつ少しずつ溶かしていければいいと思いますよ。

またいつでもいらしてくださいね。

コメントどうもありがとう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/42-f3582480

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。