2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆つくる夫婦⑧話す伝える聞く

夫に聞く耳があるとだんだんわかってくると
安心がほんの少しずつ芽生えはじめます。

しかし、それは、夫を信じるという安心ではなくて
話してもいいのだという安心です。

私がどんな感情を持とうとも
それは、私の持つ感情であり、
それは、過去の夫のことであって、
今の夫のことではないと気がついたからです。

ほんの少しの安心は、甘えも連れてきました。

夫に伝えずにはいられなくなります。
伝えるよりも、ぶつけるが主体になっていきました。


***

今思えば、溜まるまで黙っていることは
忍耐でも、試練でも、静まっているのでもなく
ただのやせ我慢でした。

自分の器以上に、
苦しい気持ち・悲しい気持ち・憎む気持ち・怒る気持ち・
疑う気持ち・惨めな気持ち・不安な気持ち・怖い気持ち
他にも様々な黒い気持ちが

夫の裏切りという事実をきっかけとして
夫に(恋愛)依存的で、ただ甘えきっていた部分
また、自分中心で生きてきた私の奢り高ぶり
そして、多かれ少なかれ誰にでもあるアダルトチルドレン的な
いい子ぶる部分の弊害が、一挙にでることになりました。

夫と話し合いをしなければ
2人の気持ちを分かち合うことはできない。
しかし、いつも私が気持ちの吐露をして終わりました。

**

話を聞いてもらうとほっとします。
伝わった、私の気持ちをわかってもらえた。
・・・いや、ちょっと待って。
わかってくれるような人なら、なぜ、私を裏切るような行為をしたの?
なぜ、なぜ今頃、やり直す努力をしてくれるくらいなら
裏切る前に踏みとどまって欲しかった
どうしてどうしてどうして

**

泣いて終わり。
ますます落ち込んで終わりということが何度も繰り返されました。
夫も私を抱きしめて、謝って終わり。

これではいつまでも進展は望めないと
2人で、ため息ばかりでした。

ある時、このままではいけない。
何かがあるはずだ。何か違うやり方があるはずだと
2人で、考えていきます。

話を聞いたり、言ったりするには
何かコツがあるはずだと気がつきます。
感情的に落ち込んだり、話がそれたりしない時が
何度かあったからです。

感情=愛情の凝り固まった状態の私でしたから
コツや、テクニックが必要でした。
情熱だけで、2人の関係が持続する、また解決するなら
それは、自己満足の先に続く、自己愛の延長かもしれません。

しかし、言うまでもなく
コツやテクニックの根底には、
その技量を駆使する才能とか頭脳とか、画策とかではなく、
真心とか何かきれいなものが、必要と思います。

***


その昔、【親業】というコミュニケーションのセミナーを
受講したことを思い出しました。
それをアレンジして次のことを気をつけて
話しをするようにしてみました。

■片方が自分の言い分を述べて、聞いたほうがそれをくりかえします。
 理解してくれたと確認できたら、交代します。
 おかしいようですが、繰り返すことが大切で、
 話すほうはできるだけ短くし、繰り返しができる長さで話します。
 長くなるようなら、短く何回に分けて話します。

■話しているうちに、
 それまで気がつかなかった心地よいと思えるような
 または、よいと思えるような事を感じたときには、
 すぐにそれを言って相手に感謝の気持ちを伝えます。

■2人が満足できるように、確認しながら話し進めるようにします。

【参考本】
ジョン・グレイ著『入門ベストパートナーになるために』
ジョン・グレイ著『分かち愛の心理学ベストパートナーになるために』
唄野隆・唄野絢子共著『ディリ-・クリスチャン・ライフ』
上沼昌雄著『夫たちよ、妻の話を聞こう』
     


難しいようですが
会話にすると次のようでした。
(次の記事に続きます)
スポンサーサイト

コメント


昨日、この記事を読ませていただいてコメント書いていたのですが、何かうまく言葉が出てこなくて今日になってしまいました・・・(私、こんなことばっかりです・・・汗)

伝えること、聞くこと、は自然にしていればできるものではありませんよね。頭も心もフル回転してやっていかないと、身につかないですよね。
このカテゴリの記事を読ませていただくたびに
forgiveさんは、ご主人と、そして神さまと大仕事をしながら関係を築かれてきたのだなぁ・・・と感動しています。

親業のアレンジも素敵ですね!
私は講座、受けたこと無いのですが本を何冊か読んだことがあり
親業のエッセンスを少しずつ子育てに生かせたらいいな、と思っています
他にもコミュニケーションについての本がたくさんありますね!
読んでみたくなっちゃいました

これからも記事、楽しみにしています^^

なるほど・・・と思いながら読みました。
結局、私の気持ちは伝えましたが、
やはり、お互いに感情的になってしまい、
また、泣いて謝って終わり・・・でした。
今日は、姉妹たちに祈ってもらい、平安を感じました。
そうですね。感情的になっていても、進展はないのですよね。
とても、参考になりました。
また、本も、探してみますね。ありがとうございます。

ゆうこさん

コメント、話しやすい言葉で綴っていただければ
けっこうですよ^^どうぞ、お気使いなくね^^

偉そうに記事を書いていますが
本当に神様の力なしでは、
ひとつもすすむことはなかったと思います。
このカテゴリーでは過去の記憶を順をおって、
記事UPしているのですが
この記事の頃は、私はまだ神様を知りません。

溺れないようにただもがいているような
そんな感覚でしたが、今思うと、神様は
ずっと見守っていてくださったのだと恵みを数えます。

【親業】はほんのさわりを、受講しただけなんですが
今頃になって役立つとはです。

結婚も家族も、日々が重なれば
全てが当たり前になってしまいますよね。
丁寧に、思いやりあって、そして、演技なしの心のままで
過ごしていくことができると本当に素敵ですよね。

IZUMIさん

感情的になることがいけないのではなくて
感情的になると、伝わるものも伝わりにくくなることが
もったいないのだと思います。

だから、気持ちを抑えられなくなることで
自分を責めないでくださいね。

感情に抑制がつけられないのは
まだ、傷ついた気持ちが回復していないだけですよ。
IZUMIさんが弱いからとか、信仰が薄いからとか、
自分を優先しているからとかではけしてないのでね
少しずつ前向いて、いきましょうね^^


本からは全て書き写して
紹介したいくらいなのですが
それはしてはいけないことなので^^;
探してみてくださいね。
また、自分でよしと思えるものがあったら
TRYしてみるといいと思います。
夫婦のやり直しは、マニュアルはないでしょう。

あるのは、素直に心を開くことと
夫婦でいられることに感謝の目を向けることと思います。
このふたつをバランスよくですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/38-640df58c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。