2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を愛するために①

友人『私って、バカでしょう。
    私って、駄目よねぇ。嫌いにならないでね。
    ああ、やっぱり駄目だわ。皆に迷惑かけて・・・・』


辛い鬱状態の友人が電話をくれる。
だまって、うんうん、そうだねと
話をそのまま、聞いていく。


私『迷惑かなぁ・・・・?。
  迷惑かなって思うのは、自分自身であって
  私は、そんなふうには感じていないよ^^
  ・・・・駄目でいいんだよ。
  駄目なことが分かっているところがいいんだからさ。
  駄目万歳だよ。今は、駄目だ~ってへたっていい時なんだよ。』




****************************

人は、自分を好きにならないと
精神衛生上、よい状態にならないらしい。

『大丈夫です。私は自分が大好きですから』と公言される方もいるが
本質は、条件つきの自分だったりする。

恋愛(不倫?苦笑です。自戒を込めて)をして生き生きしている自分。
仕事がよくできる自分。
悩みなく明るく行動的な自分。
何かをなして輝いている自分。

自分の理想とするその形が、なされている自分や
ほれぼれする状態の自分が好きなのだそうだ。
これは、自分を好きという純粋な意味からは、ずれていて
自己愛であるとか、利己主義とか
わがままというようなものにつながることになりかねない。


病気で澱んでいる自分。
何事もなすことができない自分。
役立たずの自分。
ネガティブな思いに囚われた自分。

そんな自分でも、
いわいる『ありのままの自分』を
弱く、ちっぽけで、はかない自分の生かされているさまを
生かして頂いているさまの自分を好きになることが大切であるらしい。




**

人は、自分の好きな人や好きなものに囲まれて過ごしたい。
理由は明解。単純に気持ちいいからである。
好きな人と
好きなものと
好きなことをなせているときの
心地よさ・安心・幸せ感は
目に見えない分だけ、文字には乗り切らないほどだ。


反対に、嫌いな人・もの・ことと一緒にいる時間は苦しい。
職場で、学校で、苦手な人・こと・ものと向き合うことはしんどい。
誰もが、経験することだろう。

が、それが他者・他事である場合、
どうにかこうにかして、その苦手であったり、嫌いであるものから
逃げることが多少なりともできる手立てがある。



ところが、きらいな人・苦手な人=自分の場合
24時間いつでも片時も離れることなく
過ごすことをしいられるのだ。


自分で自分を認められない状態
自分で自分を好きになれない状態
自分で自分を受け入れられない状態
自分で自分を、素の自分をゆるせない状態が

四六時中積み上げられ
心深く、苦しみを負うとき

それが、病につながるような深刻な状態になることも当然と思う。

もしくは、己の病に落ち込む方向ではなく
他者への過度な依存へとなることも珍しくないと思う。


****************

前ブログからの転記です。
続き記事を書く予定です。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/27-46fd4f40

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。