2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離任~見送って

今日は、娘の通う学校で、
先生方の離任式だった。

大好きな学年担当の先生が
まさかの転任だ。
この学校に10年勤めたとのこと。
しょうがないね。
なにがしかのどうにもならない都合があるのでしょう。

娘はかなりがっかり。
今年は、いよいよ中3生。
たとえ、担任を受け持ってもらえなくとも
不安な受験期を乗り越えるのに
その先生が学校にいるということは
どれほど心強いのか、娘は心から頼りにしていたようだ。


娘『今日の離任式、よかったね。
  ずっと泣かなかったのに、先生の顔見たら、ダメになったよ。』

私『ママも。絶対会えなくなるわけじゃないのにね。
  泣いちゃったわ。』

娘『あーあ、なんで私たち中3なのに、先生いなくなるかなぁ。
  あの先生にいろいろ相談しようと思っていたのに。』

私『だね。ママもがっかり。でも、神様の計画でしょ。
  しょうがないよね。誰かが、私たちをがっかりさせようとして
  しくんでいることじゃないもんね。』

娘『うんうん。神様の計画ね。。。。
  嬉しく感じることも、苦しく感じることも
  私たちにとってはそれだけだけど、
  神様は、私たちの本物の
  幸せのためになしてくださるってか。』

私『おお~~~~、君、なかなか言うね。』

娘『へへへ。まぁいいよ。お昼食べようよ。おなかすいたよ。』

********

娘『ところで、ママ、先生にプレゼント渡したの?』

私『朝早かったから、近所でちょいっと準備した^^;
  適当でいかんね。カードもつけなかったよ。』

娘『私が手紙書いたから、大丈夫。家族単位にしてもらおう。
  それで、勘弁してもらおう。』

私『そだね。無理なしだよね。この程度がうちの限度だね^^;』



先生の距離と
私の距離と
娘の距離と
気持ちよくリンクした、花曇の午後。



スポンサーサイト

コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/04/06 20:48の非公開コメントさん

訪問ありがとうございます。
びっくりさせてしまいましたね。
お気遣いをしてくださってどうもありがとう。
そのことは、どうぞ心に中に留めていただけたら感謝です。
それは無用な混乱を避けたいためです。
いろいろなところでいろいろな人が
様々なことを語っていること知ってますよね^^;

見ていただいたとおり、
想うままに書き連ねていますので
役に立つと感じたことをチョイスしていただけたら
嬉しいです。

握ったものを手放すしたいと感じている、
そのことが今あるベストの状態と思いますよ。

遠慮なくいつでもいらしてくださいね。

2006/04/06 20:48の非公開コメントさん
追記です。

ブログは、
本当は、アドバイスできる立場にあるような
生き方をしてこなかった
私の悔い改めの場でもあります。

お読みになって不快に感じたりすることがあると思います。
そのことで、非公開コメントさんの
心に負担が生じないように祈ります。

そのことがどうしても避けられないようにときは
私がどうしたらいいか、非公開コメントさんの
心の重荷が少しでも軽くなるように
遠慮なく申し出てください。

こんにちは。2006/04/06 20:48に書き込みをした ぶーすか です、改めて はじめまして。

forgiveさん、お返事ありがとうございました。たくさんのお心遣い、ありがとうございます。
「心の中」、もちろんです^^。私もforgiveさんと同じように感じています。

それから、昨日本当に偶然にこちらに巡り合ったことには 心から感謝しています。昨晩、今までにお書きになったことを読ませていただきましたが、「不快・負担」などは全く感じません、大丈夫です。 逆に読ませてくださってありがとうという気持ちです。

今日は気持ちの良いお天気です。
私の心のグーはなかなかパーになりませんが(^^;) こんな日は
気持ちがいいな と感じる気持ちに任せて過ごそうと思います。

では、また。 

ぶーすかさん
たくさん、気を使わせてしまいました。
本当にありがとうございます。

この偶然の出会いに感謝して
こちらこそ改めて、よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/24-40fba282

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。