2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前が頑張れよ

数週前ですが、施設の利用者さんとともに小旅行に行ってきました。

車いすに乗った、四肢麻痺の方と
知的障害をもたれた方、お二人と
職員がそれぞれについて、6人の楽しい旅でした。


時に、食事時間。
四肢麻痺の方は、まったく手がなえているので
職員である私たちが、全て口に運んで差し上げます。
全介助です。

皆で、ゆっくりおしゃべりをしたり、
少しふざけたり、田舎の空気のおいしさもあいまって
楽しく、おいしくいただきました。

食事も一段落したそのときに
遠めに座っていたご婦人の一団が、帰り際に声をかけてきました。


『かわいそうにねぇ。』
『頑張ってね。』
『頑張って生きてね。』
『くじけないでね。』
『本当に、頑張ってね。』
『ねぇ、かわいそうに。』


突然のことで、何をどうして何に向かって
言われているのか、すぐには、分からずにいましたが
繰り返される『頑張れ』にだんだんとむかついてきました。

むかつくという言葉は、こういうときに使っていいのだと
とてもよくわかりました。

ご婦人は、おばさんたちは、
この小集団にむかって
『かわいそうに、かわいそうに』を連発していました。

障がいのある方との接点が
ほとんどないであろう、おばさんたちの
一見善意ともとれるような励ましは、

十二分に頑張って、親から離れ、
こうして旅行までもできるようになった彼女たちに
かわいそうな人生忘れるな、それを背負えと連呼しているようで
私のスイッチをむかつきONにします。


以前に、自閉症やダウン症、その他様々な重度の障害を持たれた
お子さんを持つおかあさんたちとの交流・学び会がありました。
そのときに、まずは、教えていただいことが頭に浮かんでいっぱいになります。

【この子たちを『かわいそう』とだけは思わないでください。
 この子たちは個性的なんです。
 個性が強すぎるのです。ですから、その個性を皆さんの個性とともに
 生かしていただけると、きっとまた新しい何かがうまれると思います。】


けたたましいまでの『頑張れコール』が去ったあと、
いつも温厚で、冷静で、力強く、誠実な
尊敬する先輩職員がひとこと言います。


先輩職員 『頑張れ頑張れって、自分が頑張ればいいんだよ。
       ねぇ丸山(仮名)さん、お前が頑張れよって
       言い返してやっていいんだよ。』

丸山さん 『私は、頑張らないよ~~。いつもありがとう。あははっは。
       職員さんは頑張れよ。あはっははは。』




彼女たちは、乗り越えています。
乗り越えていて、また、乗り越えさせてもらっていることを
よく受け止めておられます。


わかったつもりになっている。
知ったつもりになている。
できたつもりになっている。

そんなことが、数えきれないほどあること。
まだまだ、私が学ぶこと、信じること、ゆだねること
祈ること、心和むこと、神様はどれほどプレゼントしてくださるのだろう。

スポンサーサイト

コメント


こんにちは。

「かわいそうに」という言葉、私の息子もよく言われます。
見た目にはっきりと分かる、アトピーだから・・・
アトピーという病気は、病気でありながら、体質とも言えるもので、なかなか、治りにくい病気です。
私自身も、子供の頃アトピーで、長い時間かかって治りました。

病気であることは、確かにかわいそうなことだし、早く治ると良いと思いますが、何回も繰り返し、色んな人から色んな場面で言われると、「この子は”かわいそうな”子なんだ。」っていう思いが植えつけられてしまします。子供も、わからないなりに「自分は”かわいそう”なんだ」って思ってしまうかもしれません。

言う側は、善意で言ってるのでしょうけど、言われる側は、辛いものがありますよね。でも、相手の立場に立って考えるというのも、限界があるのかもしれません。同じ立場にならないと、わからないことって、あるのだと、夫のことを通しても学びました。

試練が多いほど、神様に近付くチャンスも多いのだと、喜べるようになりたいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/219-2f3d0c4c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。