2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の生活②ほぐしほぐし

田口ランディ公式ブログより
ブログを休んでいるときは、なにもないわけではなくて、
いろんなことがありすぎて書く時間がないのだ。
ブログはだいたい、暇なときほどよく更新する。

気がつくともう五日も書いていない……というような時は、
書くことを忘れているくらいいろんなことがあって、
いわば充実しているときなのだ。



*************

プロの文章は、簡潔明瞭で分かりやすい。
しかも、好みもあるので、ますます惹かれます。
今の私の日々を寸分たがわず、言い表していて、
引用じゃなくて、まねしたい、丸写ししたいくらいと正直、そう思う。





悩んでいるときや、苦しいとき
切ないときや、困ったとき、
まさしく試練に没頭しているときは、
何か書かずにいられない。いや、いられなかった。

その苦しいことや、考えることが
頭の中や心の中だけに押さえ込むことができなくて
湧いてくる湧いてくる、いや
こみ上げる?いやいや、そんなきれいな形じゃなくて
逆流してくるような感じだった。


今も、子供のこと、生活のこと、日々のこと
ああ~~~苦しいと思うことはあるけれど
そのことを思い煩うことはないので、
ブログや文章に表すことに
没頭することはなくなった。

よく言えば、
様々な起こってほしくないこと
うんざりすること、
がっかりすること、しんどいこと
これさえなければということを

これは、必要だから起こった出来事なのだとか
面倒だけど、やり終えたら、気持ちいいかもと思えたり
このことがなければ、道を見失うのかもしれないと

自然と、楽に、構えずに思えるようになったからだと思う。



悪く言えば
深く考えなくなったからかもしれない。

いや、考えすぎなくなったからか。

私は、自分の力量も超えて、
思い上がって考えていたのではないか、
だから、神様が、頑張りすぎるなよと
今、肩の力をほぐしほぐしされているような気がしてなりません。



スポンサーサイト

コメント


<私は、自分の力量も超えて、
<思い上がって考えていたのではないか、
<だから、神様が、頑張りすぎるなよと
<今、肩の力をほぐしほぐしされているような気がしてなりません。

そうですね、そうなんだなぁと、
読ませていただきながら思い、泣きました。

春に、待ち望んでいた第2子を流産しました。
きっと神さまの時でなかったのだろうと、
このことが私に起こらなければならなかったのだろうと、
必死に自分を説得しようとするのですが、
説得し切れていない自分がいます。


処置を受ける前に、いっぱい泣きましたが、
処置後は、もう頑張らなくちゃ、進まなくちゃ、と
悲しみに引っ張られないことに一生懸命で
力が入りすぎているんだろうな、と思います。

神さまの善意を信頼し、ただ御手に自分を委ねる、
ということが、罪の深い私にとっては本当に難しく感じられます。
ただ、飛び込めばよいだけなのかもしれませんね。

ゆうこさん

流産本当に、辛かったですね。
時々、教会の若い婦人たちとそんな話になりますが
何年も前のことでも、新しいお子さんを与えられた方でも
いまだに、その話に及ぶと涙ぐむ方たちが
何人もいらっしゃいます。

泣きたいときに泣く。
泣きたくなくても、泣けてきたら泣く。
泣くことがなくなるときは、もちろんそれでOK。

委ねることができないなら
委ねることそのものさえも、神様にお任せしていいのかも
しれませんよ。

委ねることを神様がさせてくださらないなら
その悲しみや、辛さをもうしばらく自分の手で
かわいがってあげていいのだと思います。

無理なしね。

くよくよすることと
自分をよしよしと慰めることは、
似ているようでぜんぜん違う。

くよくよしないで、自分をよしよしとなぜてあげてくださいな^^
たくさんたくさん、これでもかと思うまで
自分をかわいがってください。

そうすると、委ねなくちゃ、頑張らなくちゃは
神様が自然ととりさってくださると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/217-7c3d2410

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。