2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い切りよく

芸能人が運動能力を競う番組をだらだらと見ていました。
跳び箱を22段ですって。
すごいなぁと驚きつつ、小さく応援しつつ見ていました。

そんな段数のクリアは特別なことだとしても
学校で跳んでみましょうと、示されたのは
4段だったか?5段だったか?
跳び箱得意の面々で7段だったか?8段だったか?
私は、3段くらいをやっと跳べたという記憶しかありません。


**

私は、人よりある程度は運動能力があったほうです。
クラスでは必ずリレーの選手だったし
弱小バスケット部でしたが、レギュラーでした。
鬼ごっこも逃げおおせたし、
陣取りも好きなように走りまわることができました。
高校時代には、何がうまく運んだのか
円盤投げが学年一位になったこともあります。
水泳もスケートもスキーも、一通りこなすことができました。


でも、跳び箱は苦手でした。
理由は、わかっています。


怖さに打ち勝つことができなかったからです。
頭で考えてばかりいたからです。
段取りばかりに気を取られて、
思い切りよく前に進むことができなかったからです。


臆病が、腰抜けが、勇気のなさが、その一歩をとどめている。

臆病を脱ぎ捨てて
腰抜けに力入れて
勇気を浴びていけば

跳び箱を跳ぶということを
高い段をクリアすることを
いや、たとえクリアできなくとも
その人なりの達成を得るということ
今日、テレビのそんな番組で、するりと気がつかされました。

少しぐらいこけようと
お尻をぶつけようと
前のめりに突っ込もうとも

その怖さを乗り越えて、ぶつかってみること
何かを達成することにつながっていくのだなぁと
感じました。

振り返れば、それは、何ごとかにも通じることであるでしょう。
毎日の小さなことも
ある日立ち向かわなかればならない大きなことも
それに通じているなぁと考えました。


さて、次は、何に思い切りよくぶつかっていきましょうか。

20071006154042.jpg

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/194-18641598

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。