2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後ろ向きの前向き

『ママ、人はどうして病気を治そうって思うのだろうね。
 私、病気を治そうと思う必要ないと思うんだよね。』

娘とゆっくり過ごす時間の多い夏だった。
大学は長い長い夏休みだが、体調の悪い彼女は
アルバイトをキャンセルして家でゆっくりとしている。

ときおり、親しい友人からの呼び出しがあって
出かけることもあるが、この夏は、ほとんど家で過ごしていた。

昼夜逆転気味の彼女なので
夜は、ゆっくりと落ち着いて話ができる。

家族がそろって、ゆっくりとした時間を過ごす。
もしかしたら、悪いことじゃないかもしれない。

彼女の心の病というステージは
家族にとって、けして、マイナスばかりじゃない。

違う視点や、気づきを与えられることもある。


娘が続けて言う。
『病気だってさ、何だって無駄にならないのだから
 そのままでいいんじゃない。
 無理して治す必要はなくて、そのままにしておけば
 なんとかなるのじゃないのかなぁ。』

『なるほどね。受け入れていくのね。』

『いやぁ。受け入れるとかそんなすごいことじゃなくて
 病気そのものも自分なのだから、それでいいっていうか。
 いや、治すのがめんどうっていうか。
 こういう考えって、ネガティブだけどね。』

『自分の考えを後ろ向きに感じるのかぁ。
 いろいろな側面があるから
 わからないけれど、ママは、ネガティブには感じないよ。
 むしろ、ありのままの今の自分を認めるというか
 そんなふうに感じて、むしろ前向きに感じるけどね。』

『そう?』

『うん。病気を治したいっていうのはさ、
 肉体的でも、精神的でも病気で言えば、
 痛かったり、しんどかったりするでしょう。
 それが嫌だから、治そうって思うんじゃないの。』

『ああ、なるほどね。痛い・苦しいが嫌だから治すんだ。』

『それから、
 精神的な病気なのに、苦しくないのなら
 それが自分だからそれでいいってさ
 自分で自分を認めているならそれで、いいじゃんか。』

『ふんふん。そう思うよ。』


***********


娘は、精神科医に
自分は病気ですか?とたずねたそうだ。

一般の?世間の?人たちと比べれば
彼女は、病気だろう。
鬱だの、適応障害だの、神経性だの
そんな症状がはしばしに垣間見られる。

でも、
彼女を誰とも比べもせず
誰とも競わせず、
誰とも並べなければ

彼女の心のひだは、けしてただれたり
破けたり、裂けたりぼろぼろになってはいない。

きらきらと輝いて、美しく冴えわたり
優しく柔らかく、とどまっているように感じる。


だからそれで、いいと
あなたはあなたが今、ただ生きているだけでいいと
やっと最近、私が思えるようになった。

生かされている私たちなのだから
置かれたところで、抗えば抗うほど
ねじみたいに埋もれていきそうだ。

こんなときは、待つだけだ。




20070913024125.jpg

スポンサーサイト

コメント


コメントへのお返事はお気遣いなく、だと思います。皆、一方的に思いをお伝えしたくてコメントされてるのだと思いますから。少なくとも私はそうなので…。
娘さんのおっしゃる言葉がわかるような気がします。と言うのも、私も最近、というか、自分の心が不安定になるたびに、「否定的側面の肯定」をしてきたからです。うまく言えないのですが、いつも社会を中心にして、それから外れたら精神的”疾患”の概念を押されてしまうのだと思います。社会から外れてしまった”心”も私自身だと思うようになりました。開き直りといえば、早い説明になってしまいますが、そんな感じ、かも。

そのとおりですよ、ね。

>一方的に思いをお伝えしたくて
>コメントされてるのだと思いますから。

そうですよん、お返事のことは気にしていただくことではないです。私はコメントに対するレスがなくったって平気ですが、お嬢さんはそうではないですし、そもそも、比較する対象でもないですかね。

えらそうに言いますが、じっくり向き合ってあげて下さい…。
どうか時間をかけて。

お気遣いなく

コメントを頂くと嬉しい反面返信しなくちゃ・・・と思いません?
自分の中からほとばしり出る『書きたい』「表現したい』という気持ちは書くことにそれほどエネルギーはいらないのですが、こと返信は言葉のキャッチボールですからそれとはまた違う力を必要とします。

きっと皆、forgiveさんの『発信』を知りたくてここへ来て、共感を残していくのでしょう。
どうぞ、返事のお気遣い無く『発信』してください。

娘さんが日々心穏やかな時間を過せますようにお祈りしています。

fussyvet さんへ

お気遣いをありがとうございます。

こうして、声がけいただくので、
私は、お気楽にコメントにゆっくりお返事したり
娘のことを落ち着いて祈ったりすることができます。

>社会から外れてしまった”心”も私自身だと
>思うようになりました。

ひとつひとつの心は、くくる必要はないですものね。
ほっとします。ありがとうございます。

nami さんへ

気軽に思ったままをやわらかく声かけてくださる
namiさんにいつも、元気をもらっています。

本当にありがとう。

pisonさんへ

>自分の中からほとばしり出る『書きたい』「表現したい』
>という気持ちは書くことにそれほどエネルギーはいらな
>いのですが、こと返信は言葉のキャッチボールですか
>らそれとはまた違う力を必要とします。

残してくださったコメントのまま、私の心情はその通りです。吐露したいとか、伝えたいは、思うままに書き連ねますが、いただいたものに返事を書くのは、コミュニケーションなので相互理解力ですものね。別のスイッチを入れる必要があるのですのね。

思いやってくださって、感謝です。
いつも本当に、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/24 11:11付けの非公開コメントさんへ

励ましの声がけを心からありがとうございます。

大変勇気付けられました。
お返事がおそくなって申し訳ありません。

また、よろしければお越しくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/189-28a7fc47

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。