2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆つくる夫婦のために(33)怒りについて④

ブログ再開にあたり、過去に書いて公開していないものや
コピーしてきたものを整理しています。

以下、色文字になっているところも他サイトからの引用です。
2007年6月27日に作業していました。
前回の記事から、また横道にそれてしまって
もし、続けて読んでくださる方があれば
わかりにくくなってしまうかもしれませんが
何かのヒントになるかもしれません。

とても良いことが書いてあるので、UPしておきます。


********************
水澤都加佐の「自分を好きになる言葉」【66】そのまんまブログ より

怒っているあなた
どうして、そんなに怒っているの?
何かを失ったのですね
だったら、本当は悲しいのではないのですか
もしかしたら、きっとそうだって、わかっている?
でも、悲しむのがつらいから
一生懸命、怒りながら
必死にこらえようとしているのではないのですか?
「私は、悲しいんだ」って言ってもいいのに
そう言えば、きっと涙が出て、悲しみを実感できるのに
悲しみを悲しみとして感じれば
もっと早く楽になれるのに
大丈夫、どんなに悲しくても
いつか悲しみは癒されるから
悲しみでどんなにあなたが取り乱したって
あなたの周りに、あなたの悲しみをわかってくれる人たちが
きっといるのだから


聖書に
『悲しむ者は幸いです。
その人は慰められるからです。マタイの福音書5:4』
との言葉があります。
胸の奥のほうにほっと浮かんできました。




怒りの原因て考えたことありますか?
怒りにはいろんな原因と種類があるわけですが、その中でも相手が本当に悪い場合と、単に相手が自分の期待通りにならないことへの不満という怒りがあります。

アダルト・チルドレンや依存症者・共依存の人々から聞く話は、後者の意味合いが多く含まれているように感じます。
その怒りを深く掘り下げいていくと、実はその相手に期待や甘えがある場合があります。通常より何倍も他人への依存度や期待や甘えが強いAC(引用者注:アダルトチルドレン)ですから、それも当然です。

自分をわかって欲しい、認めて欲しい、愛して欲しい。自分は可哀想なACだから、自分は傷ついているから。だから誰かに、信頼した人間には受け止めて貰いたい。そういう甘えが自分の中にある。
だから「自分が信頼を寄せた相手」には一方的に甘え、依存し、理想化する。相手のことは一切無視して。
過剰な期待があるから裏切られるたびにハラが立つし、愚痴や不満になるわけです。これは相手だけが悪いんじゃない。
これに気が付かず相手に怒りをぶつけている限り、相手はあなたの意見に聞く耳を持たないでしょう。

相手のことを理解せずに自分のことは理解して欲しいという要求は子供の考え方です。
ここで間違えないで欲しいのは、【相手のことを理解する】ってことは、「相手を全て受入れるから、おあいこで自分のことも受入れてくれ」ってことではありません。
【相手が自分の考えを理解してくれているかどうか】【自分は相手の考えを理解しているか】であり、【自分は相手の考えに同意できるかどうか】であり、【合わなければ諦める】という自立した考え方が必要です。


しかし怒りは悪いものじゃない。
怒っていいことと、怒らなければならないことがあることと
理不尽に怒ることを区別しなければなりません。



********************


しかし、怒りは悪いものじゃない。
怒っていいことと、怒らなければならないことがあることと
理不尽に怒ることを区別しなければなりません。




この3行は、意味深いですね。
しかし、怒りの区別ができないときは
往々にあって、長いトンネルを歩くことはさけられません。

それが、配偶者の裏切りを乗り越えるために
2年3年とかかる所以です。

人はそれぞれにトンネルの長さが必要です。

トンネルの闇は、
自分を見つめなおし
夫を見つめなおし
そして、二人を見つめなおすことができます。

自分を吟味することができれば、
いえ、できなくともその積み重ねで
心砕かれていけば、きっと怒りは収まります。
スポンサーサイト

コメント


forgiveさん、お久しぶりです!
お仕事に出られるようになったんですね。
またお会いできて嬉しいです!

私は特に「絆つくる…」のお話に入り込むみたいです。
あ、他のエントリがどうでもいいわけではありません。(笑)

>自分を吟味することができれば、
>いえ、できなくともその積み重ねで
>心砕かれていけば、きっと怒りは収まります。

私事ですが、4月から新しい環境の中で生活してます。
リンクも切れていますがお知らせなしですみません。
いろいろと躓くことも多いですが、まだ始まったばかりです。
しっかり前を向き、目指すところを見失わないよう…と思ってます。

namiさん^^

書いては休み、休んでは書きの
不定期ブログにコンスタントにお越しくださって
本当にありがとう。

お元気ですか?

>リンクも切れていますがお知らせなしですみません。

いえいえ、私もnamiさんはじめ、皆さんのところにも
おじゃまできなくて、リンクの整理もしていません。

もし、気が向いて、新しいブログ(があれば)
を教えていただけるのでしたら
どうぞ、お知らせくださいね。

新しい環境は、慣れましたか?
お子さんも大きくなられたでしょうね。

躓いてもまた、立てばいいだけだから
ゆっくりゆっくりね^^

forgiveさん、ブログ再会されたのですね!
まだかなぁ、まだかなぁ。
時々訪れてはちょっと肩を落として戻っていました。
またforgiveさんの文が読めてうれしいな。

鎌倉の写真素敵でした。切通し、25年くらい前に歩きました。いいですね、時代が変わっても姿を変えない風景。

お仕事、充実されていらっしゃるご様子うらやましいな。
私はちょっと仕事(高齢者・障害者介護)不完全燃焼気味です。

また読ませていただきます。

PISONさん

訪問、心から感謝です。
コメントもありがとう^^

私もPISONさんのブログに時々おじゃましていますが
コメントするところまで行かず、読み逃げで失礼しています。

遅々としあ歩み、また、書いたり書かなかったりの
ブログとなると思いますが、よろしくおつきあいくださいね。

仕事のこと、PISONさんは先輩です。
福祉・介護の仕事は、肉体的にきつくても
恵みが多いような気がしています。

神様が与えてくださった仕事で、感謝ですね^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/168-041e192a

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。