2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育てる時間

故郷は今頃、こんな風景だとぼんやり思う季節です。 


 j0406589.jpg


 5月から6月へと風が緩やかになって、半そでや素足で出かけようと思うと
冷ややかな空気が流れてきて、
『田んぼに水がはいったから、まだ、半そではだめ。冷えるよ。』
と母に注意されたものです。

夜になると、かえるの大合唱が聞こえてきてきましたから
本当にそうなのだと知りました。


育ったところが夫とは、まったく違いますが
ともに田んぼの近くで生まれた身同志、
とても晴れた日の冷たい風は、田んぼに水が入ったみたいだねと
共感し合えるのは、気持ちのいいものです。

**

私は農家さんの苦労は、友人や近所の方の聞きかじりで
どれほどのものかと想像するしかありませんが
本当に手間と時間と心をこめて、丹精していくものだと思います。

当たり前に口にするひとつの作物に
その時間や手間や努力を思うことと

夫婦の壊れた関係を修復することを照らすのは
無理があるかと思いますが

身になるもの
本当に残るもの
絆や芯となるものには
時間がかかると、心得ていく必要があると思います。

****

そうは言ってもわたしたちは、とてもせっかちな文化に飲み込まれています。多くのものを欲しがり、しかもすぐに手に入れたがります。また、痛みは取り除くべきもの、傷は癒されるべきもの、すき間は満たすべきもの、そして、とても意義深い経験をすべきだと感じています・・・しかも、いますぐに。
わたしたちが、いかにせっかちかはすぐ分かります。「こうあるべきだ」と強く願っている計画や事業があるとき、その途上で何ごとかが起きるとすぐにいら立つからです。

ヘンリ・ナウエン著 『嘆きは踊りに変わる~苦難の中の希望』 より



心に傷を負ったときに、その痛みに耐えかねて
早く直したい、早くよくしたい、早く忘れたいと思うことは当然ですが、
この苦しみは意味もなく与えられたことではないとの
希望を持つことができれば、
早急に手を打って、早急に結論を出して、早急に解決をみようとするのは、
先に待つよい実を摘んでしまうことになるかもしれません。

苦しいことの原因を、なぜ、どうしてと後ろを振り返ることばかりせずに
この苦しみから得るものは、なんだろう。
この苦しみから与えられる幸せは、なんだろう。
この苦しみから育つ実は、なんだろう。

美しく優しく柔らかな実がなるのを信じて
進んでいけたら~希望を目の前に掲げていけたら
進む道はだんだんと開けていくでしょう。

離婚かやり直しかのような
または、理解かかりそめかのような答えは

二人の関係をはぐくむ長い時間と、手間と、心根で
自然と最善のものがやってくると思います。
スポンサーサイト

コメント


かわいらしいテンプレですねぇ~♪


久々にforgiveさんにお会いできて嬉しいです。
わが子は、標準からは大きく逸脱しておりますが、なんとかそれなりに育っております。
お気遣いありがとうございます♪

fogiveさん、冬から春、そして梅雨も間近な今…。
いろんなことがあったんでしょうね^^
ゆっくりと、たくさんのことをこちらで拝聴していきたい気持ち、それは更新があってもなくても変わりませんデス。
いつも暖かい記事をありがとうございます。

namiさんへ

切れぎれになっているブログなのに
いつでもおつきあいくださって、ありがとうございます。

namiさんも、お子さんもお元気そうで何よりです(^^)

>拝聴していきたい気持ち

拝聴だなんて、恐縮します。ご勘弁くださいな^^;

もし、この拙い文章の中に、響くものがあれば
いいところだけ、namiさんのものにしてくださいね。

久々の更新ですね~

お元気そうで安心しました。

田圃に水が入って、苗が植えられて・・・

なぜかホッとするのは、日本の原点だからでしょうか?

ペンテコステの時期になんか感じたのかな?
復活できてよかった…な。
またかよ~と思いながらも、待っていたんだよ。。。

わぁーHIROさんだ!

うれしいお名前を見て、感激です。

HIROさんは、お元気ですか。
前ブログからのお付き合い、感謝します^^

tetsuyak04 さんへ

>またかよ~と思いながらも、待っていたんだよ。。。

ありがとうございます。TETSUさんの書き込みに気持ちがほっとします。
そうですね^^;
勢いつきすぎたり、ぱたりと倒れてみたりですが^^;


ただし!神様は苦しいときに、めちゃくちゃ働いてくださることを日々新たに感じています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/146-5fcac1f7

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。