2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不倫は別れる理由にならない

不倫は別れる理由にならない―カップル再生の処方箋 不倫は別れる理由にならない―カップル再生の処方箋
ジャニス・エイブラムズ スプリング、マイケル スプリング 他 (1998/12)
アスペクト

この商品の詳細を見る



さまざまな夫婦修復関連の本を読んだり、調べたりしてきましたが、この本以上に、心にそって、修復を謳っている本はないと感じています。


【2人揃って楽しいことに熱中すれば、不倫で気まずくなった夫婦仲も回復できる。そんなふうに誤解しているカップルは数多くいます。もちろん、やり直しの一環として楽しいひと時を共有することは大切です。時には気晴らしや息抜きも必要でしょう。しかし、それは自分の心痛や不満を説明し、聞き入れてもらい、理解を得ることとは違います。パ-トナーの心情に素直に耳を傾け、自分の心情を素直に伝える~この対話なくして楽しい時間を過ごしても何の足しにもなりません】


【信頼は、つかみどころがありません。これを築くには時間とたゆまぬ努力が必要です】

【加害者に対して行動や認識の修整を求めない許容を“便宜的許容”と呼びますが、こういう許し方をすると自分の中に失意と沈痛がつのります。(中略)“いい顔”しても何の解決にもなりません。心からパートナーを許そうを思うなら、不倫の事実を早々にしまい込むのはやめてください。】


この一部分を読んだだけでも、その通りだと思うことの満載です。

した側・された側にわけて、心情やなすことをレクチャーしているのも大変わかりやすいところです。

ただし、翻訳本であるために、日本の文化に若干そぐわない部分もありますが、それを越える夫婦やり直しのヒントが満載です。

不倫・浮気を乗り越えたいご夫婦のために、よしとされるところを、チョイスするだけでもプラスの方向へすすまれると思います。




**

余談です。

この本の購入したときに、ネットで手に入れることができずに
書店を通して、直接出版社へ注文しました。

何かの都合で夫が、窓口にとりにいくことになりました。



そのときの会話です。

夫『言えないよ。この本の題名・・』

私『いいじゃん。何かの研究のためと思えば。 
  カウンセラーのふりすればいいでしょ。』

夫『・・・僕がとりにいくんだよね。』

私『取りに行きたくないのなら、いいよ・・・・。(泣)
  あなたがやり直したくないって感じるよ。』

夫『・・・そうだな・・・』

私『私は、図書館で借りたとき、もちろん恥ずかしかったけどさ
  しょうがないじゃん、浮気事件があった夫婦なんだから。
  かっこつけたってしょうがないじゃん。
  なかなか上手く仲直りできないんだから
  本読んでみるのでしょう。いいふりすることないよ。』

夫『そうだな。うん。そうだよね。』


こんな時もあったことを思い出しました。
 

スポンサーサイト

コメント


私も

この本買いました。全部は読んでないですが、夫にも読んで欲しいな、と思いました。夫は読んでませんが。
もう一度、読み返したいと思いました。

IZUMIさんへ

IZUMIさん

この記事を書くに当たって、私も読み直してみたのですが、もう、ここで私がブログ記事を書く必要ないなぁと思わされています^^;

うちは、夫にざっとひととおり読んでもらいましたが、理解できたところとそうでないところがあったようです。

ただ。読むだけではなくて、2人で一緒に読んで、こうでもない、ああでもない、これはいい、悪いを話しすること自体が、いいことなのかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/122-126f540b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。