2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に傷をうけた人の心のケア

心の穴の話を続けていますが、少し寄り道します。

夫婦のやり直しをなしていった中でいろいろな本を読んできました。
その数冊をこのカテゴリーで紹介していきます。


心に傷をうけた人の心のケア―PTSD(心的外傷後ストレス症候群)を起こさないために 心に傷をうけた人の心のケア―PTSD(心的外傷後ストレス症候群)を起こさないために
クラウディア ハーバート (1999/04)
保健同人社

この商品の詳細を見る



夫の浮気が発覚したあと
ラブホテルの看板を見て、心臓が壊れるかと思うくらいの動悸がしたり、
テレビを見ていて『不倫』の言葉にパニックを起こしたり、
『ゆるされない恋』のような歌詞に夫と女性の情景が、
いきなり頭に浮かんできて取り乱してしまったりしたことがあります。

機嫌よくしようにも、落ち着こうとしても、
どうにも自分自身をコントロールすることができず、
私は、このままおかしくなってしまうのではないかと、
恐ろしかったときがありました。

この本に出会って、それが心に大きなショックを受けた人間が陥る
当然の状態(フラッシュバック)と知ってほっとしました。

PTSDの本来の症状は、私が経験したようなものとは、
比べものにならないほどの辛いものです。

しかし、
配偶者の裏切り=自分にとって命を脅かされるほどのショック 
を受けたと考えると、PTSDにより近い症状が現れたことは、
学術的にも、病理的にも、納得のいくものと思います。

配偶者が謝罪し、反省しても
取り乱したり、なかなか立ち直れない、
回復に時間がかかる理由があると知るだけでも、
得るものがあると思います。

ただし、
この本は、自分自身の立ち直りのヒントです。
夫婦の仲を取り持つための直接的なものではありません。

やり直しされるご夫婦で、なぜ裏切りを受けた側が
なかなか立ち直れないのか、ということを知る指針としてお薦めします。
スポンサーサイト

コメント


はじめまして。
偶然、forgiveさんのブログに出会いました。
・・・あ、神さまに「偶然」はないのかもしれませんね。

私は、職場と家庭で同時に問題があって、長いこと悩んできましたが、今日、やっと「やり直そう」という気持ちになったところだったのです。

これからもまた読ませてください。

私のブログもFC2です。
リンクさせていただきます。

はじめまして Mercyさん

問わず語りですので
独り善がりにならないように、書き連ねていますが
何か感じていただけたのなら感謝です。

どうぞ、いつもでいらしてくださいね。

リンクまでありがとうございます。

 失礼します。       

 「ビジネスを活かす・私の聖書体験」のご案内  
          ご笑覧ください。 
      http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/

あだちさん

訪問ありがとうございます。
ご笑覧などとは、とんでもない。
素晴らしいことをたくさん書かれているのですね。

励まされました。
神様が、大いに用いてくださいますように。
ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/120-290b1df1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。