2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆つくる夫婦のために(24)心に穴があく②~風に吹かれる

心の穴はそのままでしょうか。
心の穴はけして、そのままではありませんが
すぐには、その形をかえることはないでしょう。




心に穴があいて
なんだか、毎日が辛くて、はかなくて、せつなくて
晴れやかに、すっきりと、和やかに、澄み渡るような気持ちになれなくて
ああ、あのことさえなかったらと、くよくよしてしまいます。

それが、心に穴があいて、
その穴からピューピューと冷たい風に吹かれている状態です。

心の穴から入ってくる冷たい風に
吹きすさばれて、途方にくれています。

そして、そんな打ちひしがれたくよくよする自分が嫌いです。

本当は、元気なはずなのにとか
楽天的で明るい性格のはずなのにとか
前向きな頑張りやなはずなのにとか

今ある自分の様をこんなはずではないと、受け入れることができません。

こんなことははじめてかもしれません。

大きな大きな挫折感、空虚さ、虚無感を
味わうのが初めてであればあるほど
その穴は大きいかもしれません。



泣いていい。
嘆いていい。
悲しんでいい。
穴から吹き込む風にさらされて、落ち込んでいいときがあります。

立ち直れないような最低の状態があるということを知ることが
この状態の価値です。

私はこんなにも配偶者をかけがえないものだとしていたのだと
知ることがこの状態の大切なところです。

私にも想像もしないような理不尽なことが起こるのだと知ることが
この状態の収穫です。

苦しさや
悲しさや
怒りや
情けなさや
悔しさや
虚しさや


ほどほどに善良で温厚で明るくて前向きで優しいと買いかぶっていた
私の中に、ありとあらゆる負の感情や、こんなにどろどろとした感情が
沸き起こることがあると

知ることが出来ただけでも、まったく無駄になりません。


自分探しの旅 と言われたりしますが
楽の中に、おもしろおかしい中に、夢のような中に
自分はいないのかもしれません。
環境のよいときに、人は誰も朗らかになれるのは当然のことで
環境や状況が悪い中にあれば
私は、荒れる人間なのだ、弱く本当に弱くちっぽけなのだと
知りえたことだけでも、十分な成長でしょう。



心に穴があいて
泣き叫んでいる、いつまでもどうしても立ち上がれない
そのぶざまな始まりが、もしかすると、
本当の自分探しの旅かもしれません。

本当の自分に会い、本当の配偶者の芯に触れるのが
こんな風に搾り出すような苦い時間から始まる
~それが望まないものであっても~のかもしれません。


******


しかし、いつまでも
風に吹かれて泣きつづけたり
ショックを受けて茫然ともしていられません。
いつまでも思い返して、いじけてもいられません。


できてしまった穴をふさごうと
動き出すことを始めなければなりません。


風に吹かれて、よれよれになっている自分を
なんとか立ち直さないとと
穴をふさぐことに必死になります。


穴はふさがるでしょうか。
配偶者の裏切りでできた穴は、果たしてふさがるでしょうか。


続きます。


スポンサーサイト

コメント


 はじめまして。
旦那に不倫され、再構築を始めたばかりの者です。
不倫発覚時、どうしていいのかわからず途方にくれていたとき、こちらのブログに辿り着きました。
発覚当初の涙に明け暮れ、消えてしまいたい心境は、不倫が終わったときに、ほとんどなくなりました。
でも、今は、旦那への自分の愛情を疑問に感じているところです。こんなに辛いのなら、もう終わりにしたい、と、考えることがあります。
「ゆるすために」から、ずっと拝見させていただきました。参考にさせていただこうと、プリントアウトまでしたページもたくさんあります。
「心に穴があく」まさに、そのとおりです。どんなに嬉しかったり、楽しかったりしても、主人と一緒に心から喜べないのです。本当は、昔のように素直に、何の疑いも無い笑顔で一緒にいたいのに。あのことがなかったら、と、思わない日はありません。
でも、一緒に生きていこうと、心の深い芯の部分で思っているのです。
forgiveさんの文章に、いつも励まされています。そして、私の芯の部分を一生懸命支えてくれています。
勝手ですが、これからも、こちらのブログでお世話になりたいと思っています。「続きます」という言葉に、「続いてください。」と、素直に思っている気持ちを伝えたくて、コメントしてしまいました。
長々とすみません。

ともっぺさん

はじめまして。
私の方こそ、このようなコメントをいただくと
大きな励ましをいただきます。ありがとうございます。

問わず語りのブログですので、基点を見失わないように努めますが、論点がどうしてもずれてきたり、自己満足になってしまうこともしばしばです。それでも、こうして少しでもお役に立っていることを知れば、心から感謝せずにいられません。

>でも、一緒に生きていこうと、
>心の深い芯の部分で思っているのです。

そうですね。まったくそのとおりですね。
その芯の部分を誇りに思っていってくださいね。たとえ、どんな結果が待っていたとしても
せいいっぱいなしたと胸を貼ることができると思います。

どうぞ、時間のあるときに、これからも
お立ち寄りくださいね。

こんばんは。

今回のお話もとても興味深く…。
更新を待ちわびています。
(あっでも、決して急かしている気持ちはありませんので(笑))

この記事のお話を、自分のブログに少し引用させていただきました。本文にリンクもつけました。断りなくでしたので・・・あまり良くないようでしたお知らせ頂きたいのです。勝手言いますが、よろしくお願いいたします。

namiさん

いつもコメントをありがとうございます。

何度も推敲を重ねて・・と
いいたいところですが、書くことが膨大で、
くどくならないように整理しつつ、段落整理しています。
たくさん話したいことがあって、すぐ横道にそれてしまいがちなので。

こうして、はっぱをかけていただくと
励みになります。ありがとう^^

引用は、どうぞ遠慮なくなさってくださいね。
わざわざ連絡をありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/117-a6719253

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。