2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜ぶ

どういういきさつか知らないけれど
礼拝(夕拝)の賛美で、夫と私が壇上で2人きり、歌うことになった。

やめて~~~~です。

やめて~~~と言っても
まぁ頑張ってね、大丈夫大丈夫とにっこり親切に勧められるのが
教会っつうもので、上手下手を競うコンクールじゃなし
賛美だからね、賛美と言われて、断りきれず
一生懸命練習を積んで望みます。


ただ歌うのじゃ、つまらないので
ちょっとハモってみましょうか、ということになります。

夫は、音楽の素養がなきにしもあらず。
つうか、ないようであるが、あるようでなし。
いやらしく表現すれば、私よりへったぴぃの人だ。


散々に厳しく、
ここで息を吸え
前を見ろ、姿勢を正せ
あやをつけるな、素直に歌え、
メロディをとらえよ、歌詞に心こめよと

と指導する私。
君みたいにはできないよと、へこむ夫。

それでも、本番はやってきます。


当日、どうにかこうにか、声をだしますが緊張しますよね。
礼拝だから、賛美だから、人前だから、神様の前だから
ゴスペルちっくなリズムのある曲ではなく
讃美歌の涼やかでまっすぐなメロディであるがゆえに
緊張が極度に達してしまいました。


結果、夫は間違わず、つられず、見事に歌いきり
私は、歌詞を間違え、ハモルところは、ずれて散々でした。



礼拝後・・

私『・・・間違えた。全然だめだった・・・』

夫『ごめんな。僕がへたくそだから、ちゃんと歌えるかどうか、
  君心配だったんでしょ。集中できなかったんだよね・・』



優しく謙遜な言葉が、夫の口から柔らかくでて、
耳にそっと吹き込まれるから、思わず泣きそうになる。


神様、ありがとうございます。
夫婦をやり直しさせていただいて、本当にありがとうございます。

私のような最低の人間に
生まれ変わるとは、このことだと
夫を通して働く信仰を見せてくださって感謝します。



**

泣こうか、どうしようか。
泣きたい。泣くほど嬉しい。


私『あなた、いい人だね。
  私たち結婚してよかったね。いやだ、泣きそうだから笑うよ。
  がはははははは。』

夫『がははっはかよ。まぁいいか。ははっはははは。
  ああ、賛美終わってよかったね。』

恥ずかしいから笑っておこう。
嬉しいから笑っておこう。
喜びなさいと言われているからこの時こそ喜んでいよう。





**********

娘にこのことを話す。

私『ねぇ~パパっていいよね。』

娘『うん。笑っておいて正解だ。調子にのるからね。それくらいがいい。』

厳しいぞ!娘。
  
スポンサーサイト

コメント


夫婦って、素敵だなぁ・・と思いました。
一度は違う道を選ぼうとした二人。
でもまたこうして二人で歩んでる二人。
その姿に私たち夫婦を重ね合わせ、きっと大丈夫!
と、根拠のない自信と言われるかもしれないけど、
そんな気持ちになりました。

今日も素敵なお話、ありがとう!!

ゆかりんさん

この先、どんなことが起こるかわかりませんが
まぁ今は、なんとか仲良くしています。

根拠があろうとなかろうと、自信は、形から入るものではなくて
気持ちや心から始まるのではないかなと思います。
私もそうして進んできました^^

ゆかりんさんの心に小さな働きかけがあったなら
私こそ、感謝しなくてはなりませんね^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://forgive.blog16.fc2.com/tb.php/113-a3d59d40

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。