2007 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆つくる夫婦のために番外【もう忘れてよい】

~■絆つくる夫婦のために~の記事をずっと続けて書いていますが
しばらく、休んでいます。
下書きが山ほどあるのになかなかまとめることができません。
もし、待っていてくださる方がいらしたら、申し訳ありません。

今日も、休止中の徒然書きです。

*
*
*




『心的外傷と回復』という本があります。
私は、読んだことがありません。
何かを調べているうちに、アマゾンのこの本の販売ページに行き着きました。

ある方が、この本についてのレビューを書いているのですが
そのコピーをここに貼り付けます。


********

本書に次のような一節がある。

「誰かがレイプされていちばん悪いことは何ですか」と質問した。
突然私は全員を見わたした。「私がレイプのもっとも憎む点は退屈で
うんざりすることだ」ということばが口を衝いて出た。全員は非常に
驚いたようだった。私は言った。「誤解しないでほしい。あれはぞっとする怖ろしいことです。私は起こったことが退屈だといっているのではありません。何年も前のことで今の私はもう関心がないということです。同じ怖れ、同じ恐怖症も最初の五十回ならー五百回かもしれませんがー非常に関心を持てるでしょう。しかし、私はもう興味を持てないのです」。

少し長い引用ですみません。しかしこのレイプ被害者の言葉は「回復」を理解するために本当に重要なものです。
もう「そのこと」に関心を持たなくてよい。もう忘れてよい。日常生活が「そのこと」によって大きな影響を受けなくてよい。自身に言い聞かせなくても自然にそう感じられることが、場合によってはどれほどの
恩寵として新規まきなおしを可能とすることか。
回復が例えばどのようなかたちをとって生起するのか。それをあざやかに描き出した点だけでも、本書は不朽であると考えます。


********




この本を読んでいないので、内容についてはまったくもって言及できませんが、このレビューを書かれた方の、言葉に深くうなづいています。

自分の傷と思っていた
<夫の裏切り・・・浮気とか不倫>のことを
もうすっかり
書こうと思っても書けず、
考えも浮かばず、
その手の読み物やHPなども探してまで
読もうという思いは湧いてきません。
もちろん、自分のことに限ってですが。


どなたかから、悩みの相談を受ければできる限りお答えもしますし
辛そうな状況の方には、夫婦関係の修復を祈り
馬鹿らしいような熱にうかされた不倫話には
嫌悪を感じます。

でも、
自分自身のことで限定すると
辛かったなぁとか
大変だったなぁとか
あのことがなければとか
あのことは思い出したくないとか
あのことは、汚点だとか

マイナスの思いは、まったく湧かず
しかも、それだけではなく
あのことに関する興味がいっさいないのです。

そのことで自分を落ちこませたりするよりも、
自然に楽しいことや、真剣に取り組むことに
心や想いが向いていきます。

私は、『回復』していて『忘れて』います。

いくつかの言葉の検索を通して
浮気や不倫のことで
このブログを訪れて下さる方がいらっしゃいますね。

どうぞ、あなたの先にも、こんな心の平安があることを
お祈りしています。

あなたの今の苦しみは、けして無駄にはならないでしょう。

ここに、苦しんだことさえ忘れてしまう時間を
今、過ごしているものが、いますからね。
スポンサーサイト

おめでとうのかわりに

昨日は、教会で結婚式。
クリスチャンが教会で、
神様を前に誓うその結婚はこわいくらいだ。
こわいくらいに清らかで、神聖だ。

神様の前に誓うのだもの。
こんな私が、こんな僕が、神に誓って結婚する。
絶対に完璧になんてできないから
神様、でも、お互いを病めるときも健やかなるときも
大切にしたいと願うこの気持ちを忘れないようにお導きください
と、心低くして
私たちもともに祈った。



式が終わって、新郎新婦に一言おめでとうの声をかけようと
夫とそろってひな壇へと出向く。



おめでとうと言うその言葉が出る前に

『結婚って本当に素晴らしくて、楽しいからね。』と、
口からでてしまった。

夫も新婚ほやほやのお二人に

『そうですよ。』と微笑んでいる。

きっと、散々結婚の困難を、いろいろなところで見聞きしているのだろう。お二人は、一瞬、何を言っているのかわからないという顔をされた。ぽかん顔をいうのを久しぶりに見た気がする。


おめでとうのかわりに、
私たちがたむけた言葉は、お二人にとって
重みもなく、現実味もない、
あほな中年夫婦が何を今も寝ぼけたことをと
思うようなものだったかもしれない。


でも、
きっと心からそう思わずにいられない日々が
積み重なりますように。

どんな困難も、
神様に結ばれた二人だから乗り越えられえたと
神様に感謝できる日々に彩られますように。

思い切りよく

芸能人が運動能力を競う番組をだらだらと見ていました。
跳び箱を22段ですって。
すごいなぁと驚きつつ、小さく応援しつつ見ていました。

そんな段数のクリアは特別なことだとしても
学校で跳んでみましょうと、示されたのは
4段だったか?5段だったか?
跳び箱得意の面々で7段だったか?8段だったか?
私は、3段くらいをやっと跳べたという記憶しかありません。


**

私は、人よりある程度は運動能力があったほうです。
クラスでは必ずリレーの選手だったし
弱小バスケット部でしたが、レギュラーでした。
鬼ごっこも逃げおおせたし、
陣取りも好きなように走りまわることができました。
高校時代には、何がうまく運んだのか
円盤投げが学年一位になったこともあります。
水泳もスケートもスキーも、一通りこなすことができました。


でも、跳び箱は苦手でした。
理由は、わかっています。


怖さに打ち勝つことができなかったからです。
頭で考えてばかりいたからです。
段取りばかりに気を取られて、
思い切りよく前に進むことができなかったからです。


臆病が、腰抜けが、勇気のなさが、その一歩をとどめている。

臆病を脱ぎ捨てて
腰抜けに力入れて
勇気を浴びていけば

跳び箱を跳ぶということを
高い段をクリアすることを
いや、たとえクリアできなくとも
その人なりの達成を得るということ
今日、テレビのそんな番組で、するりと気がつかされました。

少しぐらいこけようと
お尻をぶつけようと
前のめりに突っ込もうとも

その怖さを乗り越えて、ぶつかってみること
何かを達成することにつながっていくのだなぁと
感じました。

振り返れば、それは、何ごとかにも通じることであるでしょう。
毎日の小さなことも
ある日立ち向かわなかればならない大きなことも
それに通じているなぁと考えました。


さて、次は、何に思い切りよくぶつかっていきましょうか。

20071006154042.jpg

わずか待ち時間

時が来れば、ヤコブは根を張り、
イスラエルは芽を出し、花を咲かせ、
世界の面に実を満たす。 イザヤ27:6



その時って、いつだろう。
いつになったら、楽チンになるのか。
大きな実がなって、甘い実がなって
あ~~~幸せって、心から思えるのか
ずっとずっと待ってきたような気がする。

でも、もう大丈夫だと、このごろすごく思うのですよ。

馬の目の前ににんじんぶら下げて、
どこまでもあえぎながら走るような感じは、すっかりなくなって
羊みたいに、ここの草をお腹いっぱい食べたら
あっちにたくさん草が生えてるから、ほら~~行きなさいって
羊飼いにお尻たたかれているような。

目の前にまだ、草が残っているのに
また、次かよ~~~と、なんだか納得いかずに
違うところへ連れていかれるのだけど

しぶしぶ行くのだけれど
それが想像以上に、甘くて柔らかな草が生えていたりして。

もう、実はたわわになっているのだと思う。

でも、それに気がつかないだけだ。
わずか待ち時間を、うんざりするのはやめようと思う。

次の牧草地へ、連れていかれるだけのわずか待ち時間を
楽しみにできるようになったと、感じて、

今、私は、幸せだ。

タイトルなし



良い文章は 相手のことを考えて書いた 文章
好きな文章は 気持ちが入りすぎて からまわりした 文章




句読点が、まったくないから
私が、書いたものではないことは明白。
どこからかコピーしてきたのだろう。
記事の下書きに残っていた。

しっくりして、ため息がでるからUPしておこう。

070910_220951.jpg

カテゴリーの案内 その2

思うままに書き連ねて、
カテゴリの内容も少し変わってきましたので
書き足しておきます。
カテゴリーの案内の続きと修正?(あらー硬い言葉だわ)です。


【パソコンのスイッチを消して】(修正しました)
私見と日常です。
最近は、ほとんどこのカテゴリーで日記(月記?)化しています。



【神様助けてください】
神様に祈っている思いを吐露しています。
夫婦の仲が修復された今は、娘のことを祈っています。



【この本をお勧めします】
夫婦のために、心の回復のために、
ヒントになる本を紹介していきたいと思っています。
今まで、読んだ本は数知れません。

娘の精神科の先生いわく
『本なんて読んでも、役に立たないでしょう。
 頭でかっちになって。やった気になって。ねぇ』

その通り。だから、お勧め本は小出しです。


改めてよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。