2007 081234567891011121314151617181920212223242526272829302007 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントをくださっている皆様へ

お返事ができずにすいません。

記事UPできるくせにコメントの返事はささっとできんのかい!!と
自分でも思います。
申し訳ありません。

近日中にさせていただこうと思っています。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

後ろ向きの前向き

『ママ、人はどうして病気を治そうって思うのだろうね。
 私、病気を治そうと思う必要ないと思うんだよね。』

娘とゆっくり過ごす時間の多い夏だった。
大学は長い長い夏休みだが、体調の悪い彼女は
アルバイトをキャンセルして家でゆっくりとしている。

ときおり、親しい友人からの呼び出しがあって
出かけることもあるが、この夏は、ほとんど家で過ごしていた。

昼夜逆転気味の彼女なので
夜は、ゆっくりと落ち着いて話ができる。

家族がそろって、ゆっくりとした時間を過ごす。
もしかしたら、悪いことじゃないかもしれない。

彼女の心の病というステージは
家族にとって、けして、マイナスばかりじゃない。

違う視点や、気づきを与えられることもある。


娘が続けて言う。
『病気だってさ、何だって無駄にならないのだから
 そのままでいいんじゃない。
 無理して治す必要はなくて、そのままにしておけば
 なんとかなるのじゃないのかなぁ。』

『なるほどね。受け入れていくのね。』

『いやぁ。受け入れるとかそんなすごいことじゃなくて
 病気そのものも自分なのだから、それでいいっていうか。
 いや、治すのがめんどうっていうか。
 こういう考えって、ネガティブだけどね。』

『自分の考えを後ろ向きに感じるのかぁ。
 いろいろな側面があるから
 わからないけれど、ママは、ネガティブには感じないよ。
 むしろ、ありのままの今の自分を認めるというか
 そんなふうに感じて、むしろ前向きに感じるけどね。』

『そう?』

『うん。病気を治したいっていうのはさ、
 肉体的でも、精神的でも病気で言えば、
 痛かったり、しんどかったりするでしょう。
 それが嫌だから、治そうって思うんじゃないの。』

『ああ、なるほどね。痛い・苦しいが嫌だから治すんだ。』

『それから、
 精神的な病気なのに、苦しくないのなら
 それが自分だからそれでいいってさ
 自分で自分を認めているならそれで、いいじゃんか。』

『ふんふん。そう思うよ。』


***********


娘は、精神科医に
自分は病気ですか?とたずねたそうだ。

一般の?世間の?人たちと比べれば
彼女は、病気だろう。
鬱だの、適応障害だの、神経性だの
そんな症状がはしばしに垣間見られる。

でも、
彼女を誰とも比べもせず
誰とも競わせず、
誰とも並べなければ

彼女の心のひだは、けしてただれたり
破けたり、裂けたりぼろぼろになってはいない。

きらきらと輝いて、美しく冴えわたり
優しく柔らかく、とどまっているように感じる。


だからそれで、いいと
あなたはあなたが今、ただ生きているだけでいいと
やっと最近、私が思えるようになった。

生かされている私たちなのだから
置かれたところで、抗えば抗うほど
ねじみたいに埋もれていきそうだ。

こんなときは、待つだけだ。




20070913024125.jpg

ずっとあなたが嫌いでした

そんなふうに
波にもまれたり、波を見たり、波に乗ったりしているうちに
夏は終わってしまいました。

今年は、結局三度も海水浴に行きました。

どうなんだろう、齢43歳にして
娘のビキニを借り、
子宮筋腫の手術痕をものともしないおばさんの水着姿は
犯罪ではないのだろうか。

いや、犯罪じゃない。

ありのままであるから、原罪だ。
ああ、やはり罪なのか。
砂浜の、海岸の、視覚中枢を活動させている皆様、
お目汚しをごめんなさい。


コピー ~ 2007年8月25 007






教会へ向かう車の中だというのに
今日は、夫とずっと口論。
今週は、ずっと夫が嫌いだった。

体調の悪い私に対する態度のピントがずれている。



『あなた、私と恋愛するつもりないでしょう?』

『そんなことないよ。本当にそんなことない。』

『だったら、どうして、お腹痛いって寝てる私に
 大丈夫?の一言が言えないの?』

『すごく心配はしてるんだよ。』

『言わなくちゃ伝わらないって!!
 お茶碗洗ってくれるのは、すごく助かるけど
 それは、共同生活してるんだから、ある程度当たり前なんだよ。
 私自身を気遣う言動をください。』

『茶碗洗うのは、君への見舞いにならないのか』

『ならない。
 大丈夫ってお腹さすってくれるほうが
 ずっとお見舞いになるよ。』

『そんなことか・・・・』

『そんなことじゃないよ。
 だから、あなたは私と恋愛してないって言うの!』

『気がつかなくて、ごめん・・・・』

『・・・・今週は、ずっとあなたが嫌い。
 嫌いだからもうあなたとネナイよ。
 これは、眠ることじゃないよ。
 SEXしないってことだよ。
 私とねたかったら、口説いてみてよ。』

『そうだな。口説かないとね』

『そうだよ。恋愛してるのなら、あなたとネタイって
 思わせてみて。私、好きな人とじゃないと
 SEXしない主義ですから。』


コピー ~ CIMG0566

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。