2006 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレッシング

家族に病人がでています。
そのことで夫と意見交換。

『私が悪かったわ。』

『いや、僕の対応が悪かった。』

『今まで私が、自分の立ち上げばかりで
 せいいっぱいだったからだよね。
 自分のことばかりだったものね。』

『僕も君のことばかりだったから。』

『・・・・・・・・・・・・・そうね、
 あなたの対応は悪いわ。直したほうがいいわね。
 あなた、こういうときにこそ、しっかりしてよ。
 そもそも、あなた、あの時もうやむやにして
 適当にしてるから、ことが大きくなって
 私が調子悪くなったのじゃないの。
 まだ、学ばないの?何度も同じ話を私にさせないで。』

夫が低くでると
調子に乗って言いまくるのは、私の悪い癖だ。
でも、止まらない。止めたくない。

『君はちっとも悪くないのか?
 僕だけが悪いのか?』

『話聞いてないの?
 最初に私が悪いって謝ったでしょう。
 そしたら、あなたが悪い言ってくれたから
 あなたの悪さを指摘しただけだよ。
 あなたは、仕事に逃げてるだけ。
 こんな一大事に、忙しいと言える神経が私には理解できないの。』

『知ってるだろう、忙しいし、どうにもならないことは。
 僕だってできる限りのことはしているよ。』

『知ってる。あなたが、できる限りどころか、できる以上のことを
 無理してるのは、知ってるわ。
 だからこそ、私は、それを認めたり誉めたりしないよ。
 あなたには、逆に行ってもらわないと。
 現実のことを言っているのじゃないんだよ。

 あなた、家族の一大事の時に
 自分の仕事の段取りを私に説明する
 その神経が私にはわからないの。
 
 広く見極めてほしいのよ。』

『俺が責任もって、仕事することがそんなに悪いのか?』

『わからないのね。馬鹿だね。
 こういう物言いはいやだけど。
 私は、家にいてずっと看病してるんだよ。
 病院に行って、話聞いて、介護して、
 ご飯食べさせて、様子みて、薬の管理して
 それを僕は、仕事忙しいからって何?
 私は看病するよ、家にいるのだもの。
 これぐらいのことするよ。それが私に与えられた仕事だもの。
 その仕事で疲れたら、
 そうして、くたびれてる私を慰めるのはあなたじゃないの。

 ・・・はぁ・・こんなこと言わせないで。
 あなたがくたびれたら、私、あなたを慰めなかった?
 家族なんだもの、夫婦なのだもの、相棒なのだもの
 慰めあうだけでしょ。
 仕事はそれぞれに与えられているのだから
 あとは慰めあうだけでしょう。
 どうして、そのことに気がつかないの?
 
 あなたに慰めてほしいだけなのに、
 あなたが慰めてくれないなら、私、だれに愚痴をこぼすのよ。』
 
『・・・・ごめん。
 君がそうして僕を責めると、僕も言い返したくなるんだよ。
 でも、違うのだよね。
 君が、そうして、責めているのは、僕ではなくて
 ただ、悲しいとか疲れただけなんだよね。
 何度もそうしてるのに、わからない。
 わからないんだよ。
 どうしてもわからないんだ。』

お互いが良かれと思ってしていることが
お互いを知ろうとしていることが
お互いを近づけたくてしていることが

いつも一筋縄にはいかない。

いつも、まっすぐにはいかない。

いや、まっすぐにいかないことが
いいのじゃないかとも思う。


**

ドレッシングは手作りしたり、市販だったり
いろいろ食べますが

ドレッシングは、分離しているから
混ぜなくてはなりません。
振ってでも、泡立て器でも、とにかく混ぜなくては
おいしいドレッシングになりません。

そうしないと
オイルだけ、お酢だけのソースになってしまうでしょう。

それと同じことが、2人の関係にも言えるかもしれません。

2人は、混ぜ合わせなければ夫婦にならない。
オイルの割合とお酢の割合がどれくらいになるかは
その夫婦それぞれの度合になるのでしょうが
2人の意見や思いが、混ぜ合わさって
初めて夫婦の形になるのかもしれません。

まぜこぜにした、オイルとお酢の味が
自分の意にどうしても添わないとき
こんなドレッシングいらんわ!!と
なるのかもしれませんが

塩コショウが
特別に入れたハーブが
時折足してみるおしょうゆなんかが

バランスを保ってくれるときもある。
いい味になることがある。

後味が悪いような
分かり合えないような
なんだかちょっと距離ができたような

そんな気持ちになったとしても
2人の気持ちを混ぜあうことは
絶妙のドレッシングを作るための二筋縄、三筋縄、四筋縄だろうか。

しっくりすることだけをよしとすると
2人の程よさが、2人きりのものになって
周りが見えなくならないだろうか。

ときに、だめだと思ってもそれが、
通過点だといつも思う。
スポンサーサイト

薪を乾かす

物事は、正しい時間をかけて
順当な道をたどって変えていかなくては
絶対に収まるところに落ち着くことはない。

<中略>


憎むことにエネルギーを無駄遣いしてはいけない。
最高のものを探し続けなさい。
流れに身をまかせて、謙虚でいなさい。
~よしもとばなな 王国より




天の下では、何事も定まった時期があり、
すべての営みに時がある。

愛するのに時があり、憎むのに時がある。
戦うのに時があり、和睦するのに時がある。

<中略>

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。
~伝道者の書 3章より


謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、
愛をもって互いに忍び合い、
平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。
~エペソ人への手紙4章より



***********************

小説を読んでいたら
聖書の御言葉が私の中でリンクしたから
書き出しておこう。


あわてちゃいけないのを
よしもとばななのその小説の中で

薪に早く乾けとか、蜂に今すぐ巣の場所を移動してくれとか

と、例にだしていた。

薪が乾くことの例は、とても納得できる。

ドライヤーなんかで、無理やりに乾かすと
表面は乾いても、中にまだ湿気が残って
いざ、燃やすときに、嫌な煙がでるのだろうなぁと
想像する。

じっくり、丁寧にしっかりと乾かしておけば
勢いよく燃えてくれるだろう。

もちろん、干しっぱしの乾かしっぱなしでは
乾きすぎて、脆くなり使いものにならなくも
なるでしょうね。


**

夫婦の仲直りについて、思い巡らすと
いや、夫婦だけに限らず
人間関係でもなんでも、何かこじれたものは

時にかなって、なすのだから
じたばたしちゃいけないかぁとうなづいてみる。

それでも、じたばたせずにいられないほどに
少しでも早く、この苦しい状況を脱したいと思うのは、
人の常であるし、迅速な行動や思考が必要なことも
たくさんあるけれど
それと、焦る気持ちをいっしょくたにしてはいけないのだわね。

**


昨日の教会の婦人会で、

家庭円満の秘訣はなんですか?
と、先輩の姉妹(クリスチャンの女性)に尋ねたら
即座に、柔和な笑顔で

『忍耐です』と答えてくださった。

その忍耐は、押し黙るだけの忍耐じゃなく、
その時どきにかなった
手放す、解き放つ、受け入れる、見守る、伝える
聴く、愛する、愛でる、戒める、心開く忍耐なのだろうなぁと

脳みそと心のひだ片隅に、残った。

再開練習中。

しばらく、
何も書かないと書けなくなるものなのだと、
この齢にて、初体験。
人生の感受性は、まだまだ感じること甚だ多い。


よしもとばななが
鼻血がでるほど書きたいことがない人は、書く必要がない
みたいなことを、言っていたけれど

書きたいことはある。
でも、辛いような、困ったような、口に出すと
叶うはずだったそのことが、パチンと弾けそうで
書けないことばかりだ。

ネットの世界を、あなどることなかれ。
こんな私のちっぽけな画像空間の中にも
毎日適度な数の方々が訪れてくださる。

そんなことを意識していたら
書きたいことを書けないなんて、何様のつもり。
たかが、ドシロウトの不倫夫婦問題関係者気取りなのに。
と、自分を卑下してみても
やっぱり、何をどう書いていきたいのかも
つかめないまま。

でも、そろそろ何か書こうかなと練習です。

ということで、
しばらくキーボードを打たないと
問わず語りを、脳がまとめるという作業エンジンが
いい感じにまわりはじめません。
ZOO KEEPERで、マウスばかり上達しているから
練習駄文です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。