2006 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312006 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆つくる夫婦(22)ステップアップ

人と人の関係の中で
夫婦はとくに密度の濃い関係で
だからこそ、それはきつくもあり、ゆるくもあり
幸せでもあり、不幸にも繋がりやすいデリケートな関係になるのでしょう。

ひとたび何かにつまづくと
それは、裏を返したように、仲たがいへと向かったり
また、仲たがいのうちにあっても
何かの気づきで、仲睦まじく変えられることもあります。

夫婦のその円満の鍵は、
カップルそれぞれの絶妙のバランスが調っていることが
欠かせない要素と思います。

絶妙のバランスとは、対等であるということです。


関係が対等なときには、諸問題を抱えていても
問題は問題として、解決の希望がそこはかとなくあって
心が沈むことがありません。


悩みがあっても、煩うことはなく
苦労はあっても、望みがあり
試練にあっても、受けて立つことができるでしょう。

問題を乗り越えたいと思うことができます。


関係が対等だから

私のなすことを私が、
あなたのなすことはあなたが
2人でなすことを2人でなしていけます。

2人手放すものを2人で放つことができます。

この均衡を壊すもののひとつが
不倫/浮気でしょう。


***

配偶者が裏切り行為を行う。

配偶者が勝手になしたことなのに、
どうしてだろう、裏切られたものは
裏切られたと受身にならざるを得ないのです。

たしかにそうでしょう。
あんなに信じていたのに
あんなに信頼していたのに
あんなにそれだけはいやだと言っておいたのに

うそをつかれ
隠し事をもたれるのは、一方的に受けるしかないからでしょう。



裏切った側と裏切られた側に区別するしかなくなった2人の関係で
裏切られた側は不倫された、浮気されたと
その受身の気持ちだけを育てていくと
心は壊死に向かいかねません。


不倫はされるものではありません。


あくまでも、パートナーが不倫や浮気をしただけであって
不倫された/浮気されたとは
言葉のルールから、間違った使い方ではありませんが
『不倫された』という思いで心を覆ってはいけません。

それは、
全面被害者の
悲観主義の
悲劇のヒロインの
自己憐憫の
それがどうしても付きまといがちです。




裏切られたと思うことは当然の感情ですが、
されたこと一点に心向けることは
これからの夫婦をやり直す方向を
誤りやすいのではないかと思います。

繰り返しになりますが

裏切る
裏切られるという言葉の派生から
『不倫された』ように表現することは、間違いではありません。


しかし、心根の全てを

不倫されたから私は傷ついた
裏切られたから落ち込んだ
傷つけられたから立ち直れないと

全面的に相手の行為のみに原因を帰するならば
残念ながら、その傷ついた側の
回復の可能性は常に低くなるでしょう。

傷つけた人間が、傷ついた人間に対して
誠意をつくすことは、美しいし、望まれることでありますが

どこまでも傷つけた側が傷ついた側のリクエストだけに答えることは
傷つけた者と傷つけられた者という関係しか
なりたたなくなります。

夫婦は夫婦ではなく
被害者と加害者になってしまいます。

対等な関係が成り立たなくなります。


***



意識を
こころを
自分自身の芯を

不倫されたのではなく
パートナーが不倫した で、据え置くこと。

その結果、私は傷ついた。

しかし、今は回復に向かう

との視点のステップアップが
夫婦のやり直しには欠かせないと思います。


裏切られてかわいそうな私
うそを知って辛かった私
酷いしうちにあって、不幸な私
と、嘆く時間に浸ることはとてもとても大切です。

しかし、
配偶者を加害者にしないでください。

配偶者は確かに愚行をなしたものですが、
配偶者を加害者とすれば、一方は被害者です。
被害者は、上位の立場で、加害者は下位の立場です。

上からものを見下げるものと
下からものを見上げるものとでは
同じものが違う形に見えて、共通の目標を見誤りがちです。

被害者と加害者ではなく、パートナーとして、2人でともに
この夫婦の危機を乗り越えようとの
位置につくというステップに踏み出してみましょう。



配偶者は愚行をした。
しかし、今は向き合い、新たなスタートもあると
知ってください。

配偶者が浮気をしたこの問題に、
被害者も加害者もありません。

この問題は
傷ついた現実を乗り越える道程をたどる幸せに繋がるものです。

それが、対等の関係です。
裏切りのあった夫婦の歩む対等の道です。

関係が対等だから

私のなすことを私が、
あなたのなすことはあなたが
2人でなすことを2人でなしていけます。

2人手放すものを2人で放つことができます。

だから、夫婦のありたい形を見つめて進むことができるチャンス
と、とらえることも思えることもできるかもしれません。
スポンサーサイト

抱き猫

抱っこされるのが好きな奴なのですが
抱く方は、腰を据えて
抱くというより、抱えなくてはなりません。
だから娘の足は開き気味。

20060825203023




ちなみに、体重はきっちり12K。
今年は夏痩せしませんでした。
(写真をクリックしていただくと
 娘の緊張した腕と猫?の巨体ぶりが
 ほんの少し迫ります。ほんの少しね。)

200608252030232


色気もそっけもない記事ですが
久しぶりに猫UP。


If I only knew

If I only knew


「愛を込めた言葉は
決してむだにならないって
わかっていたら
心から伝えたいことを
なにもかも
話してしまうのに


きみの声を
もう二度と聞けないって
わかっていたら
もっと耳をすまして
聞いておくだろう

きみにもう二度と会えないって
もうこれでおしまいだって
もしわかっていたら
眠らないで
きみの顔を見つめていたい
夜が明けるまで


奇跡は本当に起こるって
わかっていたら
心から
本当に心の底から
神さまにお願いするだろう


神さまには
目的があって
ぼくを創ったのだと
知ってさえいたら
ぼくは一生懸命神さまを探して
ぼくに何を望んだのかを
教えてもらおうとしただろう


神さまは
一つの扉を閉めるときは
また別の扉を開いてくれると
知っていたら
もっと変化を恐れずに
新しいチャンスや冒険に
挑戦しただろう



いつも心に思っていることなんて
思っているだけでは
なんの意味もないと
わかっていたら
ただ思っているだけじゃなくて
確信をもって行動に移し
人生を切り開いていっただろう


もしもぼくの声が
もうすぐ出なくなるとしたら
きみに話す言葉のさいごに
こうつけ加えるだろう。

「愛しているよ」って・・・」


おいしいことばより引用。




優しい気持ちになれないとき
怒りがおさまらないとき
とてもゆるせそうにないとき
何のために悩んでいるのかわからなくなったとき

自分の立ち位置が見えなくなったとき

悩みや辛さだけを見つめるとそれに溺れます。
憎しみや怒りだけを突き詰めることは
その火で自分を焼くことになります。



イエスは、喜びなさいと教えてくださっています。

『いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。
 喜びなさい。』         ピリピ4:4


喜ぶ理由は、
どんな悩みに囲まれても
どんな苦しみに覆われても
どんな辛さを抱えても

それには意味があると必ず教えられる日が来ることを
待つことができるように
支え、愛し、助けてくださる神様がおられることを
信じているからです。

しかし、神様はすぐに答えをくださりません。
答えをすぐに与えると、私達が神様の目的に反しやすいものであるのを
よくご存知だからでしょう。



だから、喜んですすもう。
あのとき、こうしていればと振り返らないで
喜んで、前を見て進もう。

涙拭いながら、進もう。

恵み

罪の増し加わるところには恵みも満ち溢れました。
                 ロマ8:20




夫婦の間に裏切りがあって
相手と関係を断って、夫婦が向き合うことになっても
すぐには、2人がともに手をとりあって見つめあって
微笑み合うとは、けしてなしません。

むしろ、その後のほうの辛い時間が続くでしょう。

でも、その辛い時間が、ゆるす時間に繋がっています。

その辛く、暗く、先の見えない時間が
ゆるす時に繋がっているのだと私は知りました。

だから
苦しんでください。
泣いてください。
嘆いてください。
怒ってください。
どこまでも苦しんでください。


人は、そんなにゆるせないのなら
そんなに辛いのなら
そんなに悩むのなら

もう終わりにしなさいというけれど

ゆるすための旅をしているあなたを
とどめるものは、人の声ではないはずです。


ゆるしたいその道に先に待たせているものは何でしょう。

ゆるしたいその道の先に、
待っていてくれている輝いているその何かを
けして忘れなければ、

あなたの憎しみも
あなたの怒りも
あなたの嘆きも
あなたの苦しみも

ただそれだけでは終わらないはずと思います。

ただ、悲しみだけのために
このことがあると受け止めるには、あまりにも早すぎます。

あなたの学ぶことはまだまだ
まだまだあります。

学ぶ度ごとにあなたの内から輝き始める何かが
必ず生まれます。

輝いて、暖かくて、優しくて、柔かな何かが生まれたら
今度こそ、それを大切にしてください。

大切に大切に、心から大切にしてください。

書き記し

赦すとは、何も起こらなかったかのように振舞うことではない。
また、傷つかなかったかのように見せかけることでもない。
さらに、全く忘れてしまうことでも、
元に戻って再びやり直すことでもない。
では、赦すとはどういうことか。

それは、お互いの関係が破壊されるのを拒否することである。



古いキリスト教冊子から見つけた言葉。書き記し。メモ変わり。

鼻血と下痢

夫からメール。

怒りにまかせるしかなかった自分を見つめて心痛めています。
怒りが湧いたときに、十字架と君の心根を見つめることができる
ように祈り続けています。やさしくできなかったこと本当に
ごめんなさい。君の体調を心配します。

これから事務所に移動です。鼻血がおニューのズボンに付き、
ひどい下痢でさっぱりです。



鼻血と下痢!
かわいそうだから、仲直りしよう。

私がいじめたみたいだな。
いや、そうだけど。
鼻血と下痢は、いけないよね。




仲直りして、また喧嘩して、また仲直りして、また喧嘩して
ばかみたいに一緒にいるのは
絆とかいうものだと語る必要もないほどに
平凡に幸せなんだ。

あのことがあったから、
こんなに思い切り胸をうちを
ぶつけ合うことができるようになった。

よかったと思う。
神様の道は不思議な道だと思う。

***


夫帰宅。
ブログを夫に読んでもらい、気持ちを伝える。
笑って読みあう。
目を合わせて笑う。小さくごめんねと言ってみる。

心が喜んでる。落ちついてる。砕かれて解かされた。

夫婦は違っているのだから


【夫婦の交わりを育てるために】

人格的交わり、夫婦の交わりでとくに重要なのは、
相手を尊び、相手に最大の関心を払うことである。
現実の夫婦関係では、尊敬が欠けがちだ。

愛し合ってる夫婦もあるが、無関心だったり、
相手を軽蔑したり、恐れをもっていたりする夫婦も多い。
尊敬し合ってる夫婦は少ない。結婚関係においては、
それぞれが相手を大切にし、夫婦最優先の姿勢を
整えることが何よりも大切だ。

その基本となるのは、相手に注目すること。
相手に最大の関心を払うことだ。
結婚してしまうとほとんど無意識に相手を無視するようになるので、
意識して相手を最優先を心がける必要がある。

(中略)

相手を尊敬するということの具体的な現われは、
相手の話をよく聴くことである。
大事な人の話には耳を傾けるのが自然だ。
しかし、現実には、相手の話を聞けない。
とくに夫が妻の話を聞くのは大変な難事業だ。
それは、夫が、聞きやすい話し方をすることに
妻が心を用いないこことと対をなしている。



************


昨晩の喧嘩・意見交換は
まったくこのセオリーを無視したものであったと反省。

わかっているけれどできないことはあっていいと思っている。
でも、開きなおりにならないように。次はよりよくとの思いを捨てずに。


夫婦は、何かのために
・・・子供のために、家庭のために、将来のために、夢のために
お金のために、幸せのために、安らぎのために、癒しのために・・・
なすことを2人して協力していく
共同体であり、またその同志であるけれど

その同志になるためには
お互いがお互いを一番大切だと
伝えつづけることが大前提だろう。

愛情ごっこの部分を他人はよしとしなくとも
それが夫婦のゆるされた形なら、感謝して抱こう。
だが、その愛情のストックは底が見えやすい。

甘えた、寂しがりやの、わがままの
だらしない私だから助けがいる。

鈍感で、がむしゃらで、無作法な夫だから
助けがいる。


こんな情けない2人を何度も何度も
優しく丁寧にとりなしてくれるのは何ものだろうか?



****************

尊敬は人を育て、軽蔑は傷つけ殺す。
尊敬は決意である。
尊敬できるところがあるから尊敬するのではなく、
主が備えてくださったからその方を尊敬しようと決意するのである。
調和のある夫婦関係というのは見せかけの調和に過ぎない。

夫婦は違っているのだから、ぶつかり理解し合って、
バランスのとれた新しいハーモニーを生み出すことが必要である。
そのためには、自分の心の内を勇気をもって
きちんと表現することが大切になる。



太字部分~抜粋
『ディリ-・クリスチャン・ライフ 唄野隆・唄野絢子共著 』
 いのちのことば社 より

伝わらない時

このところ、夫婦互いに超のつく多忙を担っている。

お互いの仕事と
家族としてのかかわりと
教会生活と
疲れた体を休ませる時間と

次から次へとかたをつけろと用事がやってきて
家にいても、教会いても、買物へいっても
車の中でも、電車の中でも
どこでも2人は一緒だし、2人きりになる時間も多いけれど

それは2人のための時間じゃない。

何かのための時間なのだ。


2人のための時間を作ること、大切にすることが薄れると
2人の関係の密度がだんだんに、そして急速に薄まる

と感じるは、どうやら私のほうが感度がいいらしい。


***

日曜日、夜遅くなってから

夫『あ、あした出張だから。』

私『またなの。どれくらい?』

夫『明日でて、あさって帰ってくるよ。』

私『いつから分かってたの?』

夫『金曜日だけど。』

私『どうして、金曜日教えてくれないの? 
  わかってたら、この週末、用事ばかりしないで
  2人でゆっくりしておいたのに。
  また、明日から会えないんじゃん』

夫『1週間も2週間もでかけるわけじゃないから
  いいでしょ。』

私『・・・・・あなたにとって、一泊だけと思っても
  私にとっては、一泊もだよ。
  私が寂しいって言ってるのに、
  どうして、寂しくないって否定するの?
  寂しいのは私なんだって。』

夫『寂しいなんて、君は一言も言ってないだろう。
  こんなに元気にしているのに、寂しいかどうかなんて
  わからないよ。寂しいなら寂しいって言ってくれないと
  わからないよ。』

私『・・・・・・・・・・・・。あなた冷たい人だね。
  私が出張いやだなって伝えてるのわからないの?
  そのへんから、分からないの?』

夫『わかるけど。』

私『出張に行くか行かないか、早いうちに教えてくれたかくれないも
  大切だけど、明日からまた会えないねって、私が言ってるのに、
  それをすぐ否定して、長い間会えないわけじゃないから
  俺は平気だってあなたは自分の意見を押し付けてるじゃん。
  私が、明日から会えないからつまんないって言ってることを
  受け止めようとしないじゃんか。
  
  あなたにとって、私と少しでも一緒にいることは
  大切じゃないんだよね。』


夫『今日も昨日もずっと一緒にいたでしょう。
  明日ぐらい一緒にいれないくても、いいじゃん。
  仕事なんだし。』

私『仕事なのは、わかってるよ。
  仕事かどうかじゃなくてさ、気持ちの問題だって。

  夫婦のための時間が何もないじゃんか。
  あなたは私のために何もしていないし、
  私はあなたのために何もしていないんだよ。
 
  2人の時間がこんなに希薄なのに
  気にならないってことはさ、
  夫婦の関係に重きを置いていないってことだよ。』


夫『忙しいからしょうがないだろう。』


私『違う。忙しいから、ほんの少しでも気を使ってくれるだけで
  ほっとするんだよ。
  また出張だけど、俺も君と一緒にいたいってことを
  表現してくれるだけで、こっちはほっとするんじゃん。

  あなたは冷たい。本当に冷たいよね。

  もう、好きだとか愛してるとか、メール送らないで。
  会いたいとかうそじゃん。』
  
夫『うそじゃないよ。
  ・・・わからないんだって。
  寂しいなら、寂しいって言ってもらなわないと
  わからないんだって。』

私『こっちだって、分からないよ。
  しゃべっているうちに、あっ私、寂しいんだ、甘えてるんだって
  わかってくるんだもの。
  だから、恥ずかしいけど、勇気をもって出張いやだなって
  言っているのに、たいしたことないって否定されると
  悲しくなるじゃん。悲しいよ。・・・・てかもういい。
  
  一緒にいたくない。』

夫『・・・ごめん。
  気持ち、汲めなくてごめんな。
  本当にわからないんだって。
  男だからっていうのは、君がいやがるけど、
  男ってわからないんだよ。』

私『・・いや、もういいわ。
  少しでも一緒にいたいっていう気持ちがあれば
  あなたからあんな発言はでないはずでしょう。』

夫『だって、ずっと一緒にいただろう。
  買物も車もずっと一緒だっただろう。』

私『違うよ。それは用事だったの。
  用事と私を扱うことと一緒にしないで。
  あなたにとって、私がその程度の扱いだってことでしょう。
  
  ああ、もういいよ。
  明日早いのだろうから寝ましょう。
 
  ・・・ああ、寂しいわ。
  一緒にいたくない。顔も見たくないわ。』

夫『・・そうか。』

私『うん。そう。ほっとする。今の気持ち受けてもらえると。
  ・・・ああ、嫌いだなぁ。あなたのこと、本当に嫌い。』

夫『うん。今、俺のこと嫌いなんだね。』

私『そう、大嫌い。
  私のことを大切にしようとしないあなたは嫌い。
  ・・・・・・・・こういうことを言っている自分は
  もっと嫌いだ。いつも甘えてるみたいで
  惨めだわ。』

夫『そうか・・。
  そんな気持ちにさせてごめんね。』

私『謝らないで。ゆるさなくちゃって焦るから。
  今は、気持ち収まらないから。謝らなくていいよ。』




もう夜も遅い。
電気を消して布団に横になる。


暗闇で夫がひとことぽつんと言う。


夫『忙しくていっぱいいっぱいなんだよ。
  俺の受け入れ度合が低いときに、
  君がイライラしてるだけだよ。』

私『分析しないで。
  分析しても気持ちよくならないもの。』

夫『鏡みたいなもんだろ。
  僕がダメなときは君も悪くなる。
  君がダメなときは僕も悪くなる。』


私『甘えたいときに甘えたいだけだよ。
  それはあなただからと思ってなしているのに
  受け入れてもらえないのは、寂しいわ。
  弱いところをさ、受け入れあうために夫婦やってるのよ。
 
  でもさ、私の弱さをあなたは受け入れられないし、
  あなた自身もあなたの弱さを私に託してはくれないよね。
  これが一番寂しいよね。今日は寂しい。寂しい。ああ寂しいよ。
  これだけ言えば伝わる?』

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。